FC2ブログ

 ハナゼキショウ Tofieldia nuda

ハナゼキショウとチシマゼキショウに関する,最新の論文(田村実 他,2011・2013)を読んだら以下のように整理されていた。今まで,細部の扱いに学者による微妙な差異があったようだが,DNAを調べて決着をつけたという印象がある。因みに,ユリ科ではなくオモダカ目チシマゼキショウ科となっている。DNA分析恐るべし。

(A) ---------------------------------
★ハナゼキショウ T. nuda
 日本固有  本州(近畿北部),九州(佐賀県・長崎県)

 ヤシュウハナゼキショウ T. furusei
 日本固有  本州(栃木県・愛知県東部・和歌山県南部)

 ヤクシマチャボゼキショウ T. yoshiiana var. yoshiiana
 日本固有  九州(屋久島)

  ヒュウガチャボゼキショウ T. yoshiiana var. hyugaensis
  日本固有  九州(宮崎県)

  T. yoshiiana var. koreana
  韓国固有  朝鮮半島中部

(B) ---------------------------------
 チシマゼキショウ T. coccinea var. coccinea
 千島・樺太・朝鮮北部・…・シベリア・アラスカ・カナダ
 北海道(中部以北)

 アポイゼキショウ T. coccinea var. kondoi
 朝鮮半島,済州島
 北海道(南部),本州(北部・中部)

★チャボゼキショウ T. coccinea var. gracilis
 日本固有  本州,四国,九州(大分県)

 ナガエチャボゼキショウ T. coccinea var. kiusiana
 日本固有  宮崎県

 ゲイビゼキショウ T. coccinea var. geibiensis
 日本固有  岩手県

 アッカゼキショウ T. coccinea var. akkana
 日本固有  岩手県

 エダウチゼキショウ T. coccinea var. dibotrya
 日本固有  神奈川県(丹沢)

それぞれ主たる分布域が示してあるが,これ以外の地域には “分布しない” ということではない。そうは言っても隠岐としては,(A)のハナゼキショウと(B)のチャボゼキショウ以外は無視してよいだろう。他のものは,場所が大きくずれていたり,産地の限定された地方変異だったりする。アポイゼキショウがちょっと気になるが,標高1,200m以上で南限が赤石山脈だという。

そして,中国地方はハナゼキショウよりもチャボゼキショウの可能性が強そうに思える。大慌てで採集に行って来た。結果は目出度くハナゼキショウで一安心。(A)のハナゼキショウ類と(B)のチシマゼキショウ類には,次のような差がある。
 (A) ----- 葉の縁は滑らか
 (B) ----- 微小な突起が密生
  ※ 微小な突起と言っても,葉縁細胞の突出で高倍率のルーペが必要。実体顕微鏡ならなおよい。突起が明瞭ではない葉が混在している事もあるらしい。


隠岐のものはチャボゼキショウではなく,ハナゼキショウである事が分かったので(少なくとも今回採集したのは)その分布を詳しく調べておくことにする。要約すれば,
  (a) 分布の中心は近畿北部にある,
  (b) 北陸へ多少広がる,
  (c) 山陰・九州北部へわずかに(4地点)に跳ぶ,
  (d) 全産地でことごとく絶滅危惧状態。

     ※ Ⅰ:絶滅危惧Ⅰ類,Ⅱ:絶滅危惧Ⅱ類,準:準絶滅危惧,不:現状不明
 【中部】
新潟     ・・・(古い記録があるが詳細不明)
富山 〔準〕 ・・・3ヶ所(上市町東部、黒部市南東部、立山町南部)
石川 〔Ⅰ〕 ・・・1ヶ所(南部)
福井 〔Ⅱ〕 ・・・2ヶ所(中央部)
長野 〔Ⅰ〕 ・・・1ヶ所(北部)
山梨     ・・・(記録なし)
岐阜     ・・・(不詳)
静岡 〔不〕
愛知 〔Ⅱ〕 ・・・2ヶ所(東部) ※ ヤシュウハナゼキショウ?

 【近畿】
滋賀 〔Ⅱ〕 ・・・生育地局限
京都 〔Ⅱ〕 ・・・生育地は限られており個体数(株数)も少ない。
兵庫 〔準〕 ・・・10ヶ所  ※ 北部・中部と範囲が広く,隠岐よりも豊富そう。
大阪     ・・・(記録無し)
奈良     ・・・(稀)  ※ チャボゼキショウ:〔Ⅰ〕
三重 〔Ⅱ〕 ・・・10ヶ所以下(北部)
和歌山〔Ⅰ〕  ※ ヤシュウハナゼキショウか??

★【中国】
島根 〔Ⅰ〕
 ・・・「県内での生育地は隠岐諸島にのみ知られているが、隠岐(島後)でも生育地
   はかなり限られている。」
   ※ 隠岐で10ヶ所は確認,島前にもある。特に海士町の豊田には大群生が
     ある。
鳥取 〔Ⅰ〕
 ・・・「現状は県内東部の地域で,数個体が確認できるのみ。愛好家による採取圧
   もあり,絶滅に瀕している。… 自生地では貧弱な個体が数個体生育するのみ
   で,周辺にも生育は確認できていない」
   ※ チャボゼキショウ:〔Ⅰ〕,中国地方で唯一の自生地。
岡山  ・・・(記録無し)
広島  ・・・(記録無し)
山口  ・・・(記録無し)

 【九州】
佐賀 〔Ⅰ〕 ・・・1ヶ所(黒髪山)
長崎     ・・・平戸島の記録があるというが,レッドデータブックには載って
          いない。『長崎県植物誌(中西弘樹 2015)』にも記載なし。
宮崎 〔Ⅰ〕 ・・・1ヶ所で絶滅寸前。 ※ ヒュウガチャボゼキショウのことであろう。

 【その他】
北海道・東北・関東・四国には記録なし。 関東ではヤシュウハナゼキショウ,四国でチャボゼキショウの記録を確認。
プロフィール

T.Tango

Author:T.Tango
 丹後 亜興 (隠岐郡海士町)
   tttt@tx.miracle.ne.jp
 
 フィールドは隠岐に限られますが植物歴40数年。ブログの目的は「植物を調べている隠岐の人」への情報提供です。しかし外部の方の参考にもなるよう,汎用性のある記述を心がけます。
 地元密着型の軽めの記事(日記)も,「隠岐版」と断って混ぜることにします。
 質問や地元の植物ニュースは歓迎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Access Counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR