FC2ブログ

アレチハナガサ Verbena littoralis

 ※ メールの形で書いていますが, “Kさん” は特定の個人ではありません。隠岐に在住する,中級の植物好きの誰かという想定です。そういう人がもう少し増えると有り難いのですが…。


 Kさん

私もついにアレチハナガサに出会いました(2012.11.27)。海士町(中里)の水田の奥,ほとんど裸地に近い農道の路肩に10数株です。第一印象は,花穂(果穂)が細く小さいことでした。それと,時季あるいは生育状態にもよるのでしょうが,淋しいほどに貧相,葉が目立たず直線的な茎だけの感じでした。

先に(6/29)メールで送っていただいた,五箇(福浦赤崎港)での写真に「アレチハナガサと思います」と回答しましたね。今回改めて画像を見直し,「と思います」の部分を削除します。間違いありません。隠岐初の確認になるでしょう。

理由は以下です。
 (1) 葉の基部はくさび状に細まり、茎を抱かない。
 (2) 茎の剛毛は疎らで少ない。
 (3) 花序軸に粗い毛が密にある。

これで,ヤナギハナガサ・ダキバアレチハナガサ・アレチハナガサ・シュッコンバーベナの4種が揃ったので,まとめに検索表を作りました。 “日本の帰化植物(邑田仁 2003)” と “神奈川県植物誌2001(城川四郎)” に基づいていますが,形質はすべてチェック済みです(ヒメクマツヅラを除き)。一見姿が似ていて難しいと思っていましたが,「そうでもないかなぁ~」という感じになって来ました。

A.葉は深裂または羽裂する。
A.葉は歯牙状鋸歯で深くは裂けない。
 B.葉は普通節間より長い。苞葉は明らかに萼より長く,芒状に開出する
       ---------- シュッコンバーベナ
 B.葉は普通節間より短い。苞葉は萼とはほぼ等長かより短い。
  C.茎に剛毛が少なく,葉の基部は楔状に細まり,茎を抱かない。
    花序軸の毛は斜上。
   D.花序軸の毛は密で著しくざらつく。花穂は幅5mm以上
       ----------- アレチハナガサ
   D.花序軸の毛はごく疎らでほとんど平滑。花穂は幅3mm以下
      ----------- ヒメクマツヅラ
  C.茎に剛毛が著しく,葉の基部は細まらず、切形でやや茎を抱く。
    花序軸毛は開出。
   D.茎は中空。花穂の長さは5~15mm。花冠は萼の2.5倍長以上で目立つ
      ---------- ヤナギハナガサ
   D.茎は中実。花穂は伸びて50mmに達する。花冠は萼の2倍長以下
      ---------- ダキバアレチハナガサ
 
 【追記 2014.11.5】
“花序軸”の語が分かりにくい,花穂直下の柄(花序の枝)のことである。“茎”はまっすぐに立つ主幹(枝ではない)のこと。

海士の海岸埋立地(北分)に群生していたが,大きいのは高さ1.5mを超え茎が多数出て,遠目には低木に見えた。花穂はダキバアレチハナガサに似て細長く花付きも悪い。

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

オオヤマザクラの分布

オオヤマザクラ Cerasus sargentii が隠岐に自生する。その意味を知るために分布を詳しく調べてみた。

・ 日本植物誌(大井次三郎 1978):
  「北海道,本州(中国地方,中部地方の深山以北)」
・ 原色日本植物図鑑(北村四郎 1979):
  「北海道,本州(中部地方以北)。中部地方や関東地方では普通 1000m 以上にある。」
・ 日本の野生植物(大場秀章 1989):
  「北海道,本州(近畿地方以西では分布が局在する),四国(四国山地の高所)。中部・関東地方では標高800m以上に見られる。」
 ※ 国外の分布は「樺太,南千島,朝鮮半島」となっている。

・ Flora of Japan(H.Ohba 2001):
  同一著者(大場博士)の上記に同じ。ただし,新変種キリタチヤマザクラ var. akimotoi が紹介されている。種としては九州の一部にも産することが明かになった。

・原色日本林業樹木図鑑(倉田悟 1971):
  標本産地をプロットした分布図があるが,これを見ると「中部地方以北」であることがよく分かる。日本海側は福井県北部まで,東海・関東は内陸部の山岳地帯のみ。西日本に来ると突然減ってわずか6ヶ所しか表示がなく(奈良 1,中国山地沿 4,隠岐 1),まさに局在。

図鑑の分布記載に標高まで書いてあるのは異例の事なので,西日本の各県を具体的に調べたらどこも深い山の中,標高の高そうな場所ばかりだった。中部・関東で800m以上なら当然のことであろう。南に行くほど高くならないと理屈に合わない。隠岐(西ノ島)の100~400mが如何に特別かが分かる。隠岐より遙か北の佐渡でも,オオヤマザクラの生育域は海抜500~1000mであるという。

 ※ ()内は産地の一例
奈良: “絶滅危惧” (大峰山脈と大台ヶ原にごくわずかに産するのみ)
兵庫:  非常に稀(氷ノ山等標高の高いところ)

鳥取:  (大山町や江府町の標本あり,標高650m~)
島根: “準絶滅危惧” (出雲部中国山地,隠岐)
岡山:  稀(県北部山地,美作奥津町)
広島:  稀(中国山地の多雪地帯,比婆山)
山口: “絶滅危惧” (錦町のみ)

愛媛: “絶滅危惧” (石鎚山の南北斜面にごくまれに点在,個体数は少ない)
徳島: “絶滅危惧” (東祖谷山村 1地域のみで確認,個体数も少ない)
高知: “情報不足” (物部村の石灰岩地,徳島県境)

宮崎: “絶滅危惧” (宮崎県霧立山)
 ※ キリタチヤマザクラは1999年に発見され,2000年にオオヤマザクラの変種として記載された。標高1300~1600mの石灰岩地帯に約50株あるという。

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

タマバシロヨメナ

キク科 シオン属 Aster

「シロヨメナではなくて,隠岐のものはタマバシロヨメナだ」という話を聞いてちょっと慌てた。タマバシロヨメナなるものを全く知らなかったからである。シロヨメナを知ったのは思い出せないほど昔のことで,イナカギクとの区別に苦しんだ記憶だけが残っている。当時頼っていた唯一の教科書は保育社の原色図鑑だが,そこにタマバシロヨメナは載っていない。

島根県の過去の記録が全くないことも,今まで気付かなかった原因の一つである。本土側と隠岐,両方のシロヨメナを見ているはずの地元の学者(丸山巌,杉村喜則氏等)も記録していない。 “長崎県植物誌ノート(中西弘樹 2001)” に以下の報告があるが,これは近年のものであろう。1995年時点でも,分布は「東北・北陸」となっている( “Flora of Japan” )。京都・兵庫の日本海側で確認されたのはその後のことである。

「本亜種はこれまで新潟県から日本海側沿岸部を島根県まで点々と分布することが知られていたが,対馬下島の沿岸部にも産することがわかった。葉は広卵形をしており。全体に大型である。豆配で採集した標本は大阪府立大学の副島顕子博士に御確認いただいた。」

他の地方にも時に出現するとはいえ,分布の中心は,山形・新潟・富山であるように思われる。これが「隠岐にある,あるいは隠岐に多い?」とすれば注目に値する。 “日本の野菊(いがりまさし 2007)” の分布図では,隠岐はタマバシロヨメナのみでシロヨメナはプロットされていない。調査は,オキノアブラギクも含め実見に基づいたものである。

さて問題はその同定である。シロヨメナ(広義)は多くの倍数体(染色体数が異なる)からなる複雑な複合体(complex)。現在5変種に分けられているが,それぞれ変化が非常に多いという。そして,どちらだか判断できないような中間形も出て来る,とちゃんと断ってある。素人としてはまず,特徴が明瞭に表れている典型的な個体について同定できれば,それでよしということにする。

文献からポイントとなる部分を抜き出した。シロヨメナ対タマバシロヨメナの比較に限る。他の3変種は特徴が明瞭だし,分布地域が限られるので省略。タマバシロヨメナに触れている手持ちの資料はこれがすべてだ。もちろん,東北・北陸各県の植物誌にはタマバシロヨメナが出て来るが,両者を比較した記述はない。

---------------------------------
A:シロヨメナ A. ageratoides var. ageratoides
O:タマバシロヨメナ A. ageratoides var. ovalifolius

1〕日本植物誌(大井次三郎 1978)
A:葉は長楕円状披針形,下半部が急に狭くなって後にしだいに細くなり,…
O:茎葉は卵形で…基部は円楔形で…

2〕日本草本植物総検索誌(杉本順一 1978)
A:葉は長楕円形~広披針形
O:葉は卵形で長さ10~12cm

3〕日本の野生植物(北村四郎 1981)
A:葉は長楕円状披針形,鋭尖頭,下から1/3あたりで急に狭くなり,あとはしだいに狭まって,…
O:茎の中部の葉が卵形で短柄があり,葉身は長さ10-13cm,幅5.5-6.5cm…

4〕Flora of Japan (M. Ito and A. Soejima 1995)
A:葉は長楕円状披針形
 ・・・茎の中部の葉は披針形又は長楕円状披針形,長さ(4.5-)6~10.5(-15),幅(2-)3~5(-6)cm,基部は急に狭くなり細く尖る(Base sharply narrowed and attenuate-cuneate.)。
O:葉は卵形
 ・・・茎葉は卵形で,長さ6.5~15cm,幅5.8~7cm,…基部は急に狭くなり細く尖る。 ※注記 本変種はシロヨメナと同所的に現れ,時に中間型も見付かる。

5〕日本の野菊(いがりまさし 2007)
A:葉は披針形
 ・・・葉身の基部から3~5分の1あたりでくびれる傾向が強いといわれるが,…必ずしもそのような傾向を示すとも限らない。
O:葉は卵形~広卵形
 ・・・多くの場合はふつうのシロヨメナと混生している。…シロヨメナと連続的な場合もある。
---------------------------------

要約すれば,「(長楕円状)披針形 vs. 卵形」となる。長楕円状が付いているのは,必ずしも下方が膨らまず,最大幅の部分が中央寄りにずれるからである。披針形対卵形,これは一目で分かる明瞭な違いである。そして隠岐には,はっきり卵形のものがある。そして,とても卵形とは言えないものもある。よって,シロヨメナ・タマバシロヨメナの2つとも確かに自生する。

しかし,これら典型的なタイプは量的には少なくて(稀ではない),圧倒的に多いのは頭を傾げるようなどっちつかずの型である。しかもこれら3つのタイプがすぐ近くに接して広がっている。もちろん,細胞学的には分けて認識すべきものであろうが,葉形だけでは2つをきれいに分けることはできそうにない。しかも1集団(横走茎で栄養繁殖したクローン)内でも,葉形の変異は結構ある。どうも気分がスッキリしない。

しかし,そもそもシロヨメナ群(シロヨメナ複合体)がそのようなものであるので,不平を言ってもしょうがない。中間型が大多数というのは,あるいは隠岐の特殊性かもしれない。中間型は「どっちでもない・分からない」と言って同定しなければ良いだけの話だ。

その他気付いたことをメモしておく。
 (1) 葉の基部の形
「葉の下部が急につまんだように狭くなり,柄状に細く伸びる傾向」は,近縁種にもしばしば見られる特徴である。上記文献では,シロヨメナについてのみこの特徴が強調されているが,〔4〕はタマバシロヨメナに関しても同じ事をわざわざ書いている。副島博士が同定したという対馬のものも,はっきりそのようになっている(写真では)。

この「葉本体の卵形部分の,下部が突出して柄状に細長く尖る」という特徴はタマバシロヨメナの特徴でもあると考える。いくら何でもそのもの達がシロヨメナとは思えない。この “尻尾付き卵形葉” も認めたら,該当するものが俄然増える(中間型から昇格)。隠岐にはタマバシロヨメナが非常に多いのかもしれない。

 (2) 葉の大きさ
葉の大きさはまともに育った個体の,茎の中部で判断する。文献〔4〕では葉の幅,シロヨメナ:3~5cm,タマバシロヨメナ:5.8~7cm,となっている。 “5.8cm” の “.8” がすごい。これを見ると「葉がでかい」のもタマバシロヨメナの特徴と言えそうである。シロヨメナの方は,他の図鑑類を参照した結果,幅3~4cmを代表値(最頻値)と考える。事実,図鑑のシロヨメナの図や本土側の標本は「披針形に近い細長い」ものばかりで,隠岐のように幅広く膨らんだ葉は出て来ない。隠岐のはほとんどの葉が幅5~6cmで,4cm以下のものはまずない。

葉の大きさを重視すると,隠岐をタマバシロヨメナのみとしている,いがり氏の分布図を無視できなくなった。しかし調べた限りでは,タマバシロヨメナだけという地域はない。山形~兵庫までの日本海側の府県,佐渡・対馬・壱岐,いずれの地にもシロヨメナが記録されている。

 【追記 2013.10.11】
前回,「他の3変種は特徴が明瞭だし,分布地域が限られるので省略。」としているが,これは正しくなかった。残り3変種のうちの1つ,ケシロヨメナ A. ageratoides var. intermedius は隠岐に自生する可能性がある。ただし,シロヨメナとケシロヨメナは毛の状態以外に差はないので,上の議論はそのまま有効である。つまり,上記「シロヨメナ」を,「ケシロヨメナを含む」或は「シロヨメナ or ケシロヨメナ」と読替えればよい。

それでよいのだが,その後に新たな問題が発生する。隠岐にタマバシロヨメナ以外のものがあるとしたら,それはシロヨメナなのかケシロヨメナなのかという。検索表では以下のようになっている。
 ・シロヨメナ ------------- 葉の裏面は無毛。毛はわずかにあっても皆短い。
 ・ケシロヨメナ ----------- 葉の裏面に毛が多い。短毛が多いが長軟毛も混じる。

毛の状態については今後検討したいが, “無毛” のものは考えにくい。隠岐のものはすべて毛が多くザラザラしている気がする。

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

プロフィール

T.Tango

Author:T.Tango
 丹後 亜興 (隠岐郡海士町)
   tttt@tx.miracle.ne.jp
 
 フィールドは隠岐に限られますが植物歴40数年。ブログの目的は「植物を調べている隠岐の人」への情報提供です。しかし外部の方の参考にもなるよう,汎用性のある記述を心がけます。
 地元密着型の軽めの記事(日記)も,「隠岐版」と断って混ぜることにします。
 質問や地元の植物ニュースは歓迎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Access Counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR