FC2ブログ

 アオタチカモメヅル Vincetoxicum glabrum f. viridescens

『隠岐島・島根半島・三瓶山』(丸山巌 昭35)には全く記載なし。『隠岐雑俎』(岡部武夫 昭24)にあるイヨカズラ V. japonicum は,本種を誤認したものであろう。

『島根県の種子植物相』(杉村喜則 2005)は,単に「隠岐島後」としか書いてない。ただし何故か,氏の『標本目録(Ⅰ),2009』には,「六日市町田野原 (1971)・西郷町津井ノ池 (1987)・邑智町君谷 (1993)」の3点が記録されている。なお,邑智町の標本は タチカモメヅル f. glabrum のものである。

いずれにしても,本種が島根県でごく稀なものであることは間違いないであろう。隠岐でも,津井の “男池” と “女池” ,そして都万の “ろんざの池” にしかない。あってもよさそうな “油井の池” では確認されていない。沢山ある溜池は,改修工事によって全てが単なる “水タンク” と化した。自然の植生が残る余地はない。沼や湿地はことごとく埋められ,水田も乾燥化した。

なお,隠岐のものはすべてアオタチカモメヅルで,花が“帯黄白色”である。3ヶ所とも個体数はかなり多く,広がりもある。本来はタチカモメヅル(花は暗紫色 f. glabrum)群集の中に稀に混じる程度で,出現数は少ないはずであるのに。遠く離れた産地で(男池・ろんざの池間は,直線距離でも10数km),しかもことごとくアオタチカモメヅル。これは興味深い。

タチカモメヅルの分布は,本州(近畿以西)・四国・九州,朝鮮半島南部。国内の状況は以下の通り。近畿以西の種なら,隠岐は余裕で “北限” になる。また,北限の種が一つ増えた。何ともはや北限植物が多い島だ。

   (×:記録なし,●:RDB登載,△:少ない,○:記録あり)
 滋賀 ●, 京都 ●, 兵庫 △, 大阪 ●, 奈良 ●, 和歌山 ●, 三重 ●
 鳥取 ○, 島根 △, 山口 △, 岡山 ○, 広島 ○
 香川 △, 愛媛 ●, 徳島 ●, 高知 ●
 福岡 ●, 佐賀 △, 長崎 ×, 熊本 ●, 大分 ●, 宮崎 ●, 鹿児島 ●, 沖縄 ×

以下は “絶滅危惧Ⅰ類” の県から抜書き。
 愛媛: 「皿ヶ嶺の竜神平湿原にのみ生育する。四国で唯一の生育地である。」
      ※ 愛媛県のみがアオタチカモメヅルを指定。
 徳島: 「池田町で生育を確認した。山城町に記録がある。」
 福岡: 「椎田町,新吉富村,大平村のため池各所のやや湿った草地に見られた。
      近年,大平村の池尻の湿地で,花が黄緑色のアオタチカモメヅルととも
      に本種を確認した。」

宮崎県・鹿児島県は “絶滅” となっている。

島根県では何故指定しないのか?隠岐にかなりあるとはいえ,わずか3ヶ所で湿地生。決して安泰ではないと思うが。


 【補記】
アオタチカモメヅルにやや似たものとして,北関東付近(群馬・栃木・茨城・福島)に,オオアオカモメヅル V. nipponicum なるものが記録されている。情報が少なくて両種の関係はよく分らないが,中部地方の分布が抜けているのが不思議である。2つを同一種とする見解もある( “Flora of Japan” T. Yamazaki, 1993)。

 ツシママンネングサ Sedum polytrichoides ssp. yabeanum

 新学名の
Sedum polytrichoides Hemsl. subsp. yabeanum (Makino) H.Ohba var. yabeanum (Makino) H.Ohba in Flora of Japan 2b: 27, 2001
 を目にする機会は少ないと思われるので紹介しておきたい。

以前に書いたメールの一部を転載したが,今読返してみたら同定の詳細が書いてない。間違いなし!という印象だけが残っていて,何故そう感じたのか思い出せない。植えていたのは枯れてしまったし,ウンゼンマンネングサやセトウチマンネングサを見たこともない。自信ありそうな文面であるが,「首をかけるか」と言われたらちょっと困る。

ただし,“日本草本植物総検索誌(杉本順一 1978)” には「分布: 隠岐・対馬・平戸・五島」となっている。この検索誌シリーズには時々驚かされる。


---------------------------------
  K さん

隠岐にあるこのものを何と呼んでいますか?私はウンゼンマンネングサと言って来ました。ウンゼンマンネングサ・ツシママンネングサ・セトウチマンネングサ,一体どれなんだと思ったこともありますが,平凡社の図鑑がこの3つを同一種にまとめてウンゼンマンネングサとしたので(大場秀章 1982),これは楽でいいとそれに従ったまでです(笑)。

隠岐のものは何時誰が発見したのか知りませんが,当初はウンゼンマンネングサと同定されていたそうです。島根県大百科事典(1982)で,丸山先生は「今はツシママンネングサと見られるに至った」と書いています。ところが平凡社の図鑑の影響は絶大で,その後ツシママンネングサとセトウチマンネングサは世の中から消えてしまいました。同調しない学者も一部にはありましたが。

この状況は今も続いていて,ネット上で見たら対馬の人が「昔はツシママンネングサと言っていた」などと書いていました。セトウチマンネングサのタイプ産地の『岡山県野生生物目録(2003)』をはじめ,『兵庫県レッドデータブック(2003)』でもウンゼンマンネングサのままです。小豆島の人は,セトウチマンネングサだと頑張っているようでしたが。

実は2001年,大場秀章博士が “Flora of Japan” で新たに学名を組替え3つを分離しました(亜種と変種で)。同一種に統合した御本人が,また「元に戻した」ことになります。この書籍を持っている人はほとんどいないでしょうから,なかなか世に広まりません。

この最新の見解に従うと,隠岐のものは晴れてツシママンネングサとなりました。今回分布を詳しく調べました。

(1) ウンゼンマンネングサ S. polytrichoides Hemsl. ssp. plytrichoides
   中国,朝鮮。 九州北部(雲仙岳・多良岳・黒髪岳・英彦山・由布岳・久住山)。

(2) ツシママンネングサ S. polytrichoides ssp. yabeanum var. yabeanum
   固有亜種。 対馬・平戸・壱岐・五島列島・隠岐。
※ 隠岐雑俎・丸山目録はいずれもウンゼンマンネングサ(時代が古いので当然),杉村目録も学名はウンゼンマンネングサだが,和名は敢てツシママンネングサを使用!

(3) セトウチマンネングサ S. polytrichoides ssp. yabeanum var. setouchiense
   ツシママンネングサの変種。 岡山・兵庫・香川(小豆島)。
※ 山口・広島にはない。鳥取は微妙(三得山)。

いずれの産地も “稀” または “少ない” となっています。広義のウンゼンマンネングサは,長崎・佐賀・福岡・大分・兵庫で県のレッドデータブックに登載されています。分布していて取り上げていない県は,岡山・島根・香川の3県。岡山はまだしも(分布が広い),香川や島根は忘れたんでしょうか。環境省指定の“絶滅危惧Ⅱ類”でもあるんですが。

もっとも,隠岐の島後には広くあって絶滅しそうにはないですが…。山地の陽当りのよい岩場(木が少なく禿げた場所)には必ずある,という感じです。何故か海岸付近ではあまり見かけません(五箇重栖湾は例外)。島後には普通にあるのに,島前にはないのも不思議です。オオエゾデンダの逆ヴァージョンですね。

そもそもこれを調べたきっかけは,この間再チェックした「大山隠岐国立公園(指定植物リスト)」に含まれていないのが不満だったからです。例を見ない特異な分布なのに(隔離・北限・東限)どうしたんでしょう。そう言えば地元でもあまり注目されてないような…。鷲ヶ峰でオオイワカガミには名札が立っていましたが,すぐそばにある本種は無視されています。立札に値するのはこちらなんですが…,レベルが違う。昔,京大の一行が来島した時(この時オキノアザミを新記載),場所を教えて欲しいと頼まれたのが本種とハイハマボッスの2つでした。

以下は3種を比較した特徴です。依拠したのは,
 “Flora of Japan”,
 “日本草本植物総検索誌”,
 “セトウチマンネングサについて(村田源・湯浅浩史 1975)”。

(1) ウンゼンマンネングサ
・花序枝の上部に葉を密集してつける。
・葉は線形で先端は鋭く尖る。
・長さ0.6-1.3 cm ,幅 0.8-1.7 mm。2n=50?。

・葉は扁平で線形,幅2mm以下,葯は黄色。果実はやや内曲する。

・葉はマツバボタン状で茎はほぼ基部から直立する。茎の下部の葉はあまり短くならない。

(2) ツシママンネングサ
・葉は線形~狭楕円状披針形または線状のさじ形。
・長さ (1-)1.3-2cm ,幅 2-3.5(-4.5)mm。2n=48。

・葉は扁平で倒披針形,先尖り,幅は2~4.5mm,葯は橙色。

・茎はやや長く這って,茎の先や側枝は立ち上がる。茎の下部の葉は次第に
短く褐色鱗片状に移行する傾向が顕著。

(3) セトウチマンネングサ
・葉は広い線形~狭楕円状披針形。
・長さ 0.6-1.3(-1.5) cm,幅 1-2(-3)mm。2n=64。

・葉は半円棒状に肥厚し,幅0.5-2.5mm,鈍頭,葯は赤味がかる。

・茎は基部が少し這って斜上し,赤褐色を帯びる。葉はツシママンネングサ
より更に肉厚で 1-1.5mm。茎下部の葉は多少短くなる傾向が見られる。


隠岐のもので取りあえず確認できた特徴をメモしておきます。
 ・花序枝の上部に葉が密集することはない。
 ・茎はやや長く這い,茎の先や側枝は立ち上がる。
 ・葉は扁平で倒披針形,先端は尖る。
 ・葯は黄色。

う~ん,差異は微妙と言えば微妙ですが,染色体数が違うようですね。それに,綺麗に地理的に分れます。

 イワウメヅル Celastrus flagellaris

“島根県レッドデータブック” 登載種で,分布が隠岐に限られるものを数えてみたら28種あった。その内「見たことも聞いたこともない」のが,本種とハクウンラン Vexillabium nakaianum の2つである。

ツルウメモドキ C. orbiculatus とは少し違う気がして(小型で弱々しい),念の為と大満寺山頂から持帰った(10/31)。ツルウメモドキとの差異は次のようになる。平凡社図鑑(清水建美 1989)に拠る。

A.一,二年枝に乳頭状突起を密生し,托葉は刺となって宿存する。
   葉の鋸歯は芒状   ------------------------ イワウメヅル

A.一,二年枝は平滑で無毛,托葉は早落する。
   葉の鋸歯は低くて芒状にならない   ----------- ツルウメモドキ

枝の乳頭状突起もそれらしくは見えるが,若い新鮮な枝が必要だと思った。分りやすいのは “托葉” が刺となって残ることである。小さいが鋭い,本当の刺である。枝に刺(2本が対になる)が何ヶ所かついていれば,本種と断定してよい。ただし,“芽麟” も硬く尖っていて触ると痛い。これはツルウメモドキも共通なので注意が必要。

葉の鋸歯にも明確な差異がある。イワウメヅルでは鋸歯の先端が針になるが,ツルウメモドキは波状で決して尖らない。先端が円くやや内側に捲込むような感じになる。ただし,うっかりすると同じに見える。目を凝らしてよく見ないと。

その他にも,葉や果実が小さい(約半分)とか,生育地が人里近くではないとか,気根を出して這い登る(ツルウメモドキは巻付くか寄りかかる程度)こともあるとか,色々違いがある。しかし,最大の違いは “生育量” かもしれない。ツルウメモドキは島根県全域に(日本全国にも)ごく普通にあるが,イワウメヅルは島根県では隠岐だけ,いや大満寺山のこの場所だけのような気がする。杉村喜則氏の大満寺山の標本(1983)があるのみで,他の記録が一切無いので。

島根県の産地は1ヶ所ということなので,全国の状況を調べてみたが稀なのは島根県だけに限らなかった。「やや普通か?」と思われたのは, “埼玉・長野・岡山・広島・熊本・大分” の6県だけ。規則性も感じられないが,中国・九州でやや多い。

  (×:記録なし,●:RDB登載,△:少ない,○:記録あり,?:不詳)
 北海道 ×
 青森 ×,秋田 ●,山形 ●,岩手 ●,宮城 ×,福島 △
 茨城 ×,栃木 ○,群馬 △,千葉 ×,埼玉 ○,東京 ●,神奈川 △
 長野 ○,山梨 △,静岡 ●,岐阜 ●,愛知 ●
 新潟 ○,富山 ●,石川 ●,福井 ●,
 滋賀 ●,京都 ●,兵庫 ●,大阪 ×,奈良 ×,和歌山 ×,三重 △
 鳥取 ×,島根 ●,山口 ●,岡山 ○,広島 ○
 香川 ×,愛媛 ×,徳島 ●,高知 ×
 福岡 ?,佐賀 ×,長崎 ×,熊本 ○,大分 ○,宮崎 ●,鹿児島 ●,沖縄 ×

この機会にツルウメモドキをよく見ておこうと,自宅裏の道端から枝を折って来た。初めて名前を知ったのが高校生の時,それ以来細かく見たことは一度もなかったと思う。検索表をたどってみたら,オオツルウメモドキ C. stephanotifolius になった!葉の裏の葉脈上に毛が密生している。ツルウメモドキは無毛のはずである。

しかし,いくら何でもこれは信用できない。来年, “若い枝や花序の毛” を多数見てみないと何とも言えない。確かに隠岐の記録はあるが,深山でしかも相当稀なもののはずである。

 ヤナギイボタ Ligustrum salicinum

隠岐の注目種の一つであるが,あまり重要視されていないと思う。その特異な分布をはっきりさせておきたい。確実に隠岐は,本種の北限自生地である。

 【 イボタノキ属
イボタノキ属で隠岐に自生するのは次の5種。これは島根県本土側でも同一。隣接する岡山県・広島県でも変らず。山口県のみオオバイボタ L. ovalifolium が加わる(ごく稀)。鳥取県の状況は不明。
 1. ネズミモチ L. japonicum  ----- 日本の
 2. ヤナギイボタ L. salicinum  ----- Salix(ヤナギ)似た
 3. ミヤマイボタ L. tschonoskii ----- 人名(須川長之助)
 4. サイコクイボタ L. ibota   ----- いぼた(水蝋樹)
 5. イボタノキ L. obtusifolium  ----- 葉先が鈍形
   ※ ネズミモチ類は常緑なので節(Section)を分けることもあるが,
    他のものも “半常緑” になったりしてすっきりしない。

この中の “ 4.サイコクイボタ” は丸山巌氏の目録による(杉村喜則氏のリストにはない)。自分ではまだ確認できておらず,それらしいものに出会ったこともない。ただ,岡山県の地識恵さん(樹木に詳しい)から頂いたメールに次の一文があった。
 「大満寺山の山頂に近い場所で、気になって採集したものの調べてもわからないものがあります。サイゴクイボタなどと生育していたと思いますが、・・・」
島根県にサイコクイボタはあるか?う~ん,可能性はある。なお,「わからないもの」はヤナギイボタのことだった。如何に岡山では少ないかが分る。

分布は兵庫県以西,中国山地に沿って岡山・広島・山口と稀産。分布も重要性もヤナギイボタに似ている。本気で捜す必要がある。高い場所のやせ地,花は少数(花序が小さい)で下向きに咲く。

また “ 3.ミヤマイボタ” は最近気付いたもので,大満寺や鷲ヶ峯の山頂付近には確かにある。ただ,これもイボタノキとの区別が多少厄介。一目で見分ける域にはまだ達していないので,同定の詳細は他日に延期する。

1.ネズミモチ” と “ 5.イボタノキ” はごく普通にあって,これを知らない人はまずいない。自分も子供の頃から知っていた。共に鼠の糞そっくりの大きな実がなる。ネズミモチは林内で,イボタノキは “薮” の構成種。

隠岐では,ネズミモチは “ヒトツバ” ,イボタノキは “トスベリノキ” と言う。ネズミモチは鍬など農具の柄や太鼓の撥に使った(材が粘くて折れない)。イボタノキはイボタロウムシの蝋を “戸滑り(敷居に塗る)” に使うので,折って持帰ったものである。切傷に塗ってもよいと聞いた。なお,「トスベリ」という方言名は,山形県と静岡県の一部でも採録されている。

 【 2.ヤナギイボタ
そしていよいよヤナギイボタ。昔,西ノ島の山中で木村康信先生に教わったのが最初である。その後自分でもきちんと同定した記憶はあるが,何がどうであったのか細部は覚えていない。身の回りに幾らでもあってしかも「見れば分る」,こういうものを「詳しく調べる」事は簡単ではない。そもそも,そういう気になれないので。よって,分類・生態については省略。同定を間違える心配もないが,隠岐では同じモクセイ科のハシドイ Syringa reticulata に注意した方がよいかもしれない。ヤナギイボタの葉が馬鹿でかいタイプとちょっと似ている。

分布は“大井植物誌”以来,
 「本州(近畿地方以西)・九州・朝鮮(南部)」
となっていた。

平凡社図鑑(村田 源,1989)で
 これに「四国」が追加され,
現在の定説になっているようだ。

最新の“Flora of Japan(S. Noshiro, 1993)”も同じで
 「本州(滋賀県以西),四国,九州,韓国最南部(済州島)
である。

 【 近畿
これでいいのだが,わざわざ「滋賀県以西」とあるのが気になって,近畿地方の状況を調べることにした。驚いたことに『滋賀県植物誌(北村四郎,1968)』に記録がない。『大阪府植物目録(近畿植物同好会,1990)』にも出て来ない。Web上の『京都府自然環境目録(種子植物)』にも現れない。

更に,近畿7府県(兵庫~三重)の京大所蔵標本に基づく『近畿地方植物誌(村田源,2004)』にも全く記載がない。近畿にあったにしても超稀産に違いないと,『レッドデータブック近畿2001』を見たが,これにも載っていない。そして,滋賀県はもとより他の府県のレッドデータブックにも登場しない。奇妙な話である。どう考えればいいのか…。

 【 四国
それでは,後で付け加わった「四国」は何処のことだろう?四国各県の植物誌に当ってみたが「香川・徳島・高知」3県には記録がない。愛媛県のホームページにある『愛媛県産野生動植物目録』にも含まれていない。訳が分らなくなって来た。

次は本当に “ある” 地方。
 【 中国
 島根: 〔準絶滅危惧〕 隠岐ほど多くはないようだが,出雲に複数の産地がある。
 鳥取: 鳥取県立博物館の所蔵標本にはない。
 岡山: 〔準絶滅危惧〕 「主として岡山県中部以北の石灰岩地に自生し、希である。産地が局限している上に、開発などによる個体群の存続が懸念される。」
 広島: 「吉備高原面の渓谷に稀に分布。個体数が少ない。」(広島県植物誌,1997)
 山口: 〔絶滅危惧Ⅰ類〕 「県内では美東町から知られる。生育地が限定されており、個体数も少ない。」

 【 九州
福岡・宮崎・鹿児島県はレッドデータブック。他は各県の植物誌による。
 福岡: 〔絶滅危惧Ⅰ類〕 「英彦山地や古処山地・・・」
 大分: 「やや普通」
 佐賀: なし
 長崎: なし
 熊本: 「稀」
 宮崎: 〔絶滅危惧Ⅰ類〕
 鹿児島: 〔絶滅危惧Ⅰ類〕
 沖縄: なし

何ともはや,やや普通にある県は「島根県と大分県だけ」という雰囲気である。

『日本の樹木(初島住彦,1976)』には,
 「本州(中国)・九州(中部以北の石灰岩地帯),屋久島?,済州島。」
となっていて,さすが樹木学者!(鹿児島大)と思った。

『新日本樹木総検索誌(杉本順一,1978)』は,
 「本州(中国)・隠岐・九州・種子島・屋久島・済州島」
と,「隠岐」が出ている唯一の文献。何処かに隠岐の標本があるのだろうか?この検索誌シリーズは,離島(隠岐)と本土(島根県)を分けて考える方針が一貫している。

本州(中国)・九州,済州島」が正解という気がして来た。そういうイメージで行こう。不思議な分布である。韓国済州島にあって,対馬や長崎県にないのも変。

なお,ヤナギイボタは中井猛之進博士が,済州島の標本をタイプに “1918年” に記載したものである。採集は「フォーリー氏」のようである。コケ(蘚苔類)をやるとよく出て来る名前だが,時代は明治。 “超人” だと思う。

その後 “1925年” ,小泉源一博士が熊本県の標本をタイプに,ハナイボタ L. mayebaranum を記載した。その記載文で唯一引用されているのが,「隠岐の島,大満寺山,1924年7月4日」の標本である。これは博士ご自身が隠岐で採集されたものか?

やがて,ハナイボタはヤナギイボタの異名(同一種)ということになったが,ヤナギイボタと隠岐は奇妙な縁があると言える。1925年(大正15年)発行の『植物学雑誌』に,「Japonia : Nippon, insula Okinoshima, mt. Daimanjisan」を見付けて緊張してしまった。

---------------------------------
※ 以下はウェブ上にあった,『広報あおもり』1999年10月15日号の掲載記事。

  フォーリー神父は1847年にフランスで生まれ、明治6年(1873年)に宣教師として日本にやってきました。
  明治16年、青森県、北海道の正式巡回教師となったフォーリーは各地に教会を設立しました。県内では、弘前、青森、三本木、八戸教会などで基礎を開き、明治29年には青森教会の主管者となり、以来、大正4年に永眠するまでの間、その職にありました。

フォーリー神父
    ▲青森市発行「目で見る青森の歴史」より
  フォーリーは、偉大な宗教家であっただけではなく、植物学者でもありました。特に植物採集家としては世界的に有名で、青森県、北海道はもとより、北はサハリン、南は台湾におよび、西は朝鮮半島、中国東北部から東は遠くハワイにまで、植物採集をしながら歩き回りました。
  あるとき、採集に一生懸命になっているうちに日が暮れてしまい、フォーリーは皮バンドで自分の体を木の上にしばりつけ、一夜を過ごしてしまいました。ところが、その翌朝、山に柴刈りに来た村人がこのようすを見つけ、「異人さんが木の上でしばられて死んでいる。」と村の人たちに知らせたため、大騒ぎになったというエピソードがあります。
  フォーリー神父の採集した植物の標本のなかで、新種と鑑定発表された約700種のうち、顕花植物(種子植物)と蘚類(スギゴケ・ミズゴケなど)が各200種、地衣類は100種を数えています。その中には「フォーリーガヤ」や「フォーリーアザミ」など、学名にフォーリーの名前が付いている植物もたくさん存在しています。
  このように、明治のころの青森における植物研究は、主に外国の人によって行われていて、フォーリー神父のおかげで、青森の名が海外にも知られるようになりました。
  フォーリー神父の死後、青森浜町教会(現カトリック本町教会)に収蔵してあった貴重な植物標本類は、京都帝国大学に寄贈されました。それは、当時、京都帝国大学理科大学生物学教室開設設計顧問だった郡場寛さん(後に弘前大学学長)や青森師範学校の木梨延太郎さんなどの尽力によるものでした。
    【自然部会執筆編集員 原子一男】
プロフィール

T.Tango

Author:T.Tango
 丹後 亜興 (隠岐郡海士町)
   tttt@tx.miracle.ne.jp
 
 フィールドは隠岐に限られますが植物歴40数年。ブログの目的は「植物を調べている隠岐の人」への情報提供です。しかし外部の方の参考にもなるよう,汎用性のある記述を心がけます。
 地元密着型の軽めの記事(日記)も,「隠岐版」と断って混ぜることにします。
 質問や地元の植物ニュースは歓迎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Access Counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR