FC2ブログ

 アカバグミ Elaeagnus × maritima (雑種)

ツルグミ E. glabra とオオバグミ E. macrophylla の自然雑種(推定)。雑種は一般に,検索表はおろかその記載さえ図鑑類には載っていない。単に名前を羅列し「A × B」で済ますのが普通。従って,「“雑種の理解” = “親の精密な把握”」しか方法がない。

雑種ができると認識されているのに,名前の付いていないものも多い。更には,雑種があると思われるのに,何も言及しない場合もしばしば。雑種をそれと知らず「一体どちらの種だろう」と何年も悩み続けることになる。


 Ⅰ。両親種の特徴
(1) 葉の形 ………(若枝や徒長枝は避け全体を見渡して)
 オオバグミ: 広卵形で,円い。基部は切形に近い円形。
          ハート形で葉先は円鈍または短く突出。
 ツルグミ  : 楕円状で,長い。基部は楔形~円形。
          上部は徐々に狭まり先端ははっきり尖る。

(2) 葉裏の色 ………(ちゃんと生長した標準的な葉で)
 オオバグミ: 銀白色に光って見える。微かに色付くことはあるが,白さが目立つ。
 ツルグミ  : 明らかに赤褐色を帯びる。特に中肋の色が濃い。金属光沢を感じる。

(3) 小枝の色と稜角 ………(複数の枝でチェック)
 オオバグミ: 灰白色を帯び明るい。太くて,明瞭な稜角があり平べったい
 ツルグミ  :  濃い赤褐色に染まる。細くて,稜角ははっきりせず円い。

(4) 萼筒部の形態 ………(熟期を揃えて比較)
 オオバグミ: 子房の上が急に膨らみ釣鐘形。太い。
 ツルグミ  :  下部に向け尖るラッパ状。細長い。


 Ⅱ。同定
(1) 葉は全て円に近い広卵形。こんな丸い葉のツルグミはない。
(2) 葉の裏面は淡く褐色を帯びる。オオバグミの成葉は銀白色で色付かない。
(3) 小枝ははっきり赤褐色で,稜角は僅かに感じられる程度。
(4) 萼筒はほぼツルグミと同じだがやや太め。しかし鐘状にはふくれない。

発見は宮本秀永氏で「変なツルグミがある」と話された。確かに,全体の印象はツルグミで,明らかにオオバグミとは違う。しかし,ツルグミとすると葉があまりにも円い。裏の色づき方も薄すぎる。

他に気付いた点は,・葉が小型(オオバグミの2/3),・葉質が厚くて硬い,・光沢がはなはだ強い,などであったが,これはこの個体の生態変異であろう。場所は海岸の崖の頭で,強光が照りつけ風も強く,乾燥も激しそうな環境だった

以上は1株だけの観察であるが,実際には「オオバグミ寄りからツルグミ寄りまで」変化があるという。ウェブ上の標本写真には,葉がやや長めでツルグミの葉を広くしたような型もある。しかし,裏面の色づきは明らかに薄くて白っぽい。「どちらかに限りなく近くて区別不能」のケースはないかもしれない。言わば,比較的判り易い雑種。

今回も現地で直ぐに「あっ,アカバグミ!」と思った。隠岐にアカバグミがあることを聞いていたので。それに,オオバグミとツルグミは子供の頃からよく知っている。遠くからでも,葉の色や蔓の伸び方・絡み方で見当がつく。子供達はグミの実を競って食べに行ったものだ(時には大人も)。現在は野鳥だけが食べている。


 Ⅲ。分布
隠岐では遙か昔に,木村康信先生が焼火山で確認している(1株)。島根県下では,島根半島(丸山巌)と平田市・西郷町(杉村喜則)の記録が残っている。

各地の記録を調べてみたが全国的にも非常に稀で,やや広く分布していると思われたのは,千葉・神奈川・静岡・福井・山口の各県。幾らあってもよさそうな四国・九州でも少ない。隠岐が“北限”になると思っていたが,『福島県植物誌(1987)』を見てがっかり,福島県(恐らく1株)が北限と書いてあった。

少ないのは雑種ができにくいためであろう。もちろん場所が,オオバグミのある海辺近くに限られるという条件もある。ところがツルグミは本来内陸のもので,あまり海辺には現れない。両者が接して生えていないと昆虫が花粉を運べない。更に,雑種ができても一代限りで子孫を残せない。実はちゃんとできていたが,それが芽生えて育つとは思えない。

 コゴメスゲ Carex brunnea であろう

検索表に従って判断する限り,コゴメスゲとせざるを得ないと思う。ただし一目瞭然というほど特徴的でもないので,今のところ“であろう”としておく。分布の重要性を考慮し慎重を期す事にしたい。何しろ島根県新産でかつ北限。


 Ⅰ。検索表
至る所に普通にあるナキリスゲ C. lenta との区別のみが問題である。いずれか一方であることは疑う余地がない。

 ① 小山鐵夫 1964
コゴメ: 小穂の幅は2~3mm。果胞の長さは2.5~2.7mm。
ナキリ: 小穂の幅は3.5~4mm。果胞の長さは3~3.5mm。

 ② 勝山輝男 1988
コゴメ: 小穂は幅2~3mm,果胞は長さ2.5~2.7mm,鱗片より少し長く,
     脈が少なく毛も少ない。
ナキリ: 小穂は幅3.5~4mm,果胞は長さ3~3.5mm,鱗片より著しく長く,
     脈が多く毛も多い。

 ③ 谷城勝弘 2003
コゴメ: 果胞の長さ2.5~2.7mm,小穂幅2~3mm。
     花序は少し分岐。稈はやや平滑。
ナキリ: 果胞の長さ3~3.5mm,小穂幅3.5~4.0mm。
     花序はほとんど分岐しない。稈は粗造。

 ④ 勝山輝男 2005
コゴメ: 果胞は鱗片より少し長く,細脈があり,寝た毛が生える。
ナキリ: 果胞は鱗片より著しく長く,太い脈があり,立った毛が密に生える。

 ⑤ 星野卓二 2011
コゴメ: 果胞は楕円形で長さ2.5~3mm,幅1~1.2mm。細脈があり,
     平滑またはまばらに毛がある。
ナキリ: 果胞は広楕円形,長さ2.8~3.5mm,幅1.2~1.5mm。やや太い脈を
     もち,密に毛がある。

 ⑥ 勝山輝男 2015  (※ 2015.9.10 追加)
コゴメ: 果胞は長さ2.5~3.0mm,幅1.2~1.3mm,細脈があり微毛(寝た短毛)。
    ・・・小穂は1節に2~5個をつけ,長さ1.0~2.5cm,幅2.0~2.5mm。
     ※ 雌鱗片は果胞の肩の高さまであり,ほぼ果胞全体を隠すことが多い。
       ふつうナキリスゲより明るい色をしている。
ナキリ: 果胞は長さ2.8~3.5mm,幅1.2~1.5mm,やや太い脈があり密毛(やや
     開出した短毛)。
    ・・・小穂は1節に1~3個をつけ,長さ1.0~2.0cm,幅3.0~3.5mm。


 Ⅱ。同定
一般に観察の適期は,果実が十分成熟して,かつまだ落ち始めてはいない時期。熟し切って乾いた状態は遅過ぎで分りにくい。果胞が反り返ったりしていると,小穂の幅などは信用できない。鱗片も散り落ちてしまう。

(1) 果胞の長さ
最も確実な(迷うことのない)判定基準であろう。⑤ の検索表のみ境界値が異なり重なりもあるが,これは少数の極端値も拾ったためであろう。もちろん計測は正常に生長した標準的な小穂で行う必要がある。

実際に計測してみたら,±2.7mmに集中し3mmに達するものは殆どなかった。ここに現れる“2.7mm”は,『極東亜産スゲ属植物(秋山茂雄 1955)』以来ずっと使われ続けている不動の数値である。一方ナキリスゲは大多数が3.1mmであった。これは生長の悪い貧弱な個体しか採集できなかったためであろう。後日やや大型の株で測ったら,3.3mmに集中していた。多少の個体差があることになる。

この計測結果がコゴメスゲと同定せざるを得ない最大の理由である。もしこれで駄目,つまりナキリスゲの個体変異や生態変異に過ぎないと言うのなら,そもそも検索表自体が使えないことになる。

(2) 小穂の幅(太さ)
果実が開出していて測りにくそうに思えるがそうでもない。スケール付きのルーペ等を持っていなくても何とかなる。小穂毎に多少の変化はあるが,大雑把に代表値(最頻値)を考えればよい。

コゴメスゲは2.6mm前後が最も多く,ナキリスゲはそれぞれ3.5mmに集中していた(別の大型株では3.8mm)。これは有意の差で,並べて比較すると目で見ただけで違いをはっきり感じる。「細く長い棒状 vs. 太めの楕円状」という印象で大変判り易い。

(3) 雌鱗片の長さ … △
④ は ② が簡素化されており興味深い。コゴメスゲは果胞の8~9割長の鱗片が多く混じり,ナキリスゲはほとんど5割長以下。果胞の長さに近い鱗片は先ず見られない。「果胞並みの長いのが多い vs. 果胞より極端に短いのが多い」である。鱗片の長さは同一小穂の中でも変化があるが,複数個観察してみればその違いがよく分かる。

これでよいと思っていたが,その後調べたナキリスゲでは長い鱗片が多く,訳が分からなくなった。常に使える基準ではないのだろうか?…。大井次三郎『日本植物誌』にも明記されている区別点なのだが。

(4) 花序の分岐 … △
これも重要な差異とされている。確かにコゴメスゲの分岐が多いように感じるが,今回あまりはっきりしなかった。1ヶ所から3~5出し束状になるような著しい型もあるようであるが…。

むしろ,小穂の着き方(配置)にはっきり差を感じる。自転車を漕ぎながら(ゆっくり)気付いたのがまさにこの点で,「ナキリスゲではない!」と思って自転車を止めた。

ナキリスゲは稈の上部にやや固まって着くが,コゴメスゲは下の方から稈頂にかけて均等気味に散らばり,小穂の数も多い。この姿の対照は極めて印象深い。

(5) 有花茎のざらつき … △
確かにコゴメスゲの方は殆どざらつかないが,微妙な差異で同定に使えそうにない。少なくとも今回の個体群では。

(6) 果胞の脈と毛 … △
ナキリスゲは確かに毛が多い。しかし,今回観察した個体では両者の差は明瞭ではなかった。特に脈の違いはよく分からなかった。

(7) 果胞の形×
コゴメスゲの果胞はより狭長であるとされるが,むしろナキリスゲより円味が強かった。これが唯一,上記検索表に矛盾する部分である。個体群による差?或いは隠岐型の生態変異?

(8) -- 総括 --
常に安心して使える基準は(1)と(2)。他は全て有益な情報ではあるが,いつもそうなるとは限らないので要注意。つまり,典型的な型から変異の揺れがあるという…。これはよくある話でちっとも特別なことではない。

ただ,一度確実な同定を済ませば(難しいのは初同定),後は(1)や(2)を使わなくても簡単に分かりそうな気がする。推測ではあるが,どちらとも言えないような中間形はないのではないか?


 Ⅲ。その他の特徴
葉や茎の色
コゴメスゲは「ふつう明るい色をしているので,慣れるとこの色の違いで区別ができる」(勝山・谷城)。「黄色味の強い緑 vs. 暗緑色」でこれは歴然としているが,常にそうだとは言えないかもしれない。生育地の日照が影響し,日向に生えたナキリスゲ(例は多くないが)も多少とも黄色くなる。それぞれが普通に見られる環境,「日向 vs. 日蔭」の影響も無視できない。

小穂の色
これも日当たりが関係するが,ナキリスゲの青っぽい緑に比べコゴメスゲは黄褐色を帯びて印象が異なる。種小名 brunnea(茶色)はその意味であろう。中には真っ茶色の個体もあるようである。ただし色の比較は果実の完熟前の話である。熟し切って乾燥すると茶色に変わる。これらの色の違いは歩きながら見分けるのに役に立つ。

生育環境
コゴメ: 人里や丘陵地の明るい草地を好む。特に沿海地。ごく稀に内陸部でも。
ナキリ: 低山地の樹林内や林縁,半日陰を好む。時に日向で見られることもある。

花茎の立ち方
こんなことを書いている文献はないし,コゴメスゲは一群落しか観察してないので,あまり信用できないが…。
コゴメ: 直立またはやや斜上しゆるくたわむ。大きく曲ってうなだれる感じはない。
ナキリ: 地にひれ伏すように大きく広がり,上部は重そうに垂れる。立上がる感じはない。

-- イメージ --
全体に黄色く見え,小穂は茶褐色を帯びる。花茎上に“長めで細い小穂”がまばらに着いてスラリと高く,茎頂が重そうにうなだれる感じはない。明るい場所に生えてナキリスゲより繊細。

まともな写真が撮れなかったので,マツモムシさんの花茎の画像を引用させて頂く。これに瓜二つである。果胞の形の変異にも注目。        [⇒ 花序の画像]


 Ⅳ。分布
南方系の種で沖縄はこればかりだという。数少ない沿海地のスゲの一つで,内陸県には先ず現れない。九州はともかく,自生地が太平洋側に偏しているように見えるが,単に緯度の問題かもしれない。太平洋側は房総半島,日本海側は山口県まで。

〔関東・東海〕
   千葉(少),東京(伊豆諸島),神奈川(稀),静岡(沿岸部)
      ・・・茨城県柏市(隠岐より数十キロ南)の最近の情報もあるが詳細不明。
〔近畿〕
   三重(紀勢:稀),和歌山(紀北・紀南:少),奈良(南部:稀),兵庫(淡路:稀)
      ・・・『レッドデータブック近畿 2001』に拠る。
〔中国〕
   鳥取(不詳),島根(記録なし),岡山(稀),広島(稀),山口(稀)
〔四国〕
   香川を除く各県。高知県では普通種。
〔九州〕
   南西諸島を含め全域に広く分布。普通種。
〔国外〕
   中国南部から東南アジアまで。


  Ⅴ。今後の課題
発見したのは2014.11.5,海士の東地区の旧診療所跡地。生垣の根元に数株群生。他にもあるのかどうかは不明。とにかく隠岐で他の産地を捜すこと。過去の記録がないので普通種でないことは確か

両者を並べて同一条件で栽培してみる事。これは是非やりたい。スゲは作りやすくて,野生状態からは想像できないほど大きく育つことも多い。何によらず「よく知りたければ植えてみよ!」で,難しいものがとことん判ってしまったりする。

現在,スゲの星野卓二博士に同定を依頼中であるが,ナキリスゲという結果になったらどうしよう。取りあえず自分が恥をかくのはよいとして,その後の対応に途方に暮れることだろう。この変なナキリスゲをどう捉えたらよいか?隠岐独自の生態型(エコタイプ)なのか,或いは雑種か。素人には確かめようもない。検索表の “2.7mm”による振り分けを否定するのも難しいし…。

「帰化ではないか」と言った人がいるが,「何処から?」と聞かれたら答えられないと思う。隠岐と関係のありそうな港や空港のある都府県には自生してない(東京都は伊豆諸島)。もちろん,誰かスゲ愛好家が植えたと考えるのも論外。

そもそも,帰化により“遠くへ”分布を広げる能力が全ての植物にあるわけでもない。むしろそれは,該当種の限られた特殊能力である。本種の場合,僅かに小笠原諸島が帰化を疑われているのみで他に例を聞かない。

 【追記 2014.12.3】
星野先生からのメールは…,『コゴメスゲでした』となっていた。
プロフィール

T.Tango

Author:T.Tango
 丹後 亜興 (隠岐郡海士町)
   tttt@tx.miracle.ne.jp
 
 フィールドは隠岐に限られますが植物歴40数年。ブログの目的は「植物を調べている隠岐の人」への情報提供です。しかし外部の方の参考にもなるよう,汎用性のある記述を心がけます。
 地元密着型の軽めの記事(日記)も,「隠岐版」と断って混ぜることにします。
 質問や地元の植物ニュースは歓迎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Access Counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR