FC2ブログ

 セイタカハリイ Eleocharis attenuata

オオハリイを調べていて,以前本種を見付けていたことを思い出した。稀産種らしいと気付いたのであわてて確かめに行って来た。場所は都万のロンザの池,今から7年前(2008.9.5),コケに熱中していた時代でぼんやりとしか覚えていない。信じられないようなコケ(オチツボミゴケ)を発見,そのそばにあった本種もついでに持ち帰ったもの。

同定はすんなり行った記憶があるが,どんな感じでどの程度生育していたかは忘れてしまっている。同定を盤石にしておきたいし,現状確認もしたい。結果は流石ロンザの池,昔のままの状態(多分)で残っていた。この池は隠岐でも数少ない自然度の高い沼で,利用価値がなくて人が行かないのが何より。

40cm前後の茎(稈)をおっ立てて見事な株がズラリ,胸をなで下ろした。ハリイという名はついているが,これを見てハリイ E. pellucida を連想する人はそういないだろう。ハリイとはまるで大きさが違う。ハリイ属 Eleocharis の同定は結構難しいのだが,本種は「(a) でかい柱基と (b) 短い刺針状花被片」で明快そのもの。実に気持ちが良い。「小穂は色が淡くて,幅広い卵形」が外見上の特徴。

あちこちでレッドデータブックに登載されているので,全国の分布状況を丁寧に調べることにした。
       (×:記録なし,●:レッドリスト種,◎:稀,○:やや普通,?:資料なし)
北海道:×
青森:◎,岩手:●,宮城:○,福島:◎,秋田:●,山形:●
茨城:◎,栃木:●,群馬:●,千葉:●,東京:●,埼玉:×,神奈川:◎
長野:×,岐阜:?,山梨:×,静岡:◎,愛知:●,
新潟:×,富山:×,石川:×,福井:◎
滋賀:●,奈良:●,和歌山:●,京都:●,大阪:●,兵庫:◎
鳥取:◎,島根:○,岡山:◎,広島:×,山口:×
香川:◎,徳島:●,愛媛:●,高知:●
福岡:●,佐賀:×,長崎:×,大分:◎,熊本:×,宮崎:●,鹿児島:○,沖縄:●

分布は広いが全国的に稀産。やや普通かと思われたのは,宮城・島根・鹿児島の3県のみ。南北の外れの2県と島根,ちょっと気になる。県下に杉村喜則氏による計15地点での標本がある。隠岐産は西ノ島町美田貯水池(1991.8.11)。なお,長野県の記録はあるが(横内齋 1983),『長野県植物誌(1997)』は“未確認種”として記載せず。


2015.7.15 ロンザの池


  ### 隠岐版 ### 
 【追記 2015.7.21】
杉村先生の記録にある美田ダム奥の溜池(西ノ島町)へ昨日行ってみた。採集は20年以上昔の事だが,この溜池は改修されていないので,ひょっとしたらという期待はあった。近年の改修工事によって隠岐の溜池のほとんどは死の世界と化したが,ここは貴重な例外。西ノ島で田を作る人がいなくなったのが幸いした。耕作放棄田ばかりでは改修工事の大義名分が立たない。

有り難いことに10株程度の生育を確認できた。茎の高さ20~50cm程度。水が乾き気味だったためか,小穂が長さ5mmまでの短い卵形,本種の特徴が一層よく出ていて一目で確信した。鱗片が幅広くて円頭(~切頭)であるのも分かり易い特徴。

以下は他県のレッドデータブックの引用。
  〔福岡県〕 絶滅危惧ⅠA類
1970~80年代に既に希少な植物だった。福岡市で1975年に,北九州市で1982年に採集されて以後,確認情報がない。ため池の改修などにより特に絶滅が危惧される。
  〔愛媛県〕 絶滅危惧Ⅱ類
いくつかの溜め池や休耕田で生育が確認されたため、前回の情報不足(DD)を絶滅危惧Ⅱ類(VU)に変更したが、自生地開発や植生遷移で減少している。
プロフィール

T.Tango

Author:T.Tango
 丹後 亜興 (隠岐郡海士町)
   tttt@tx.miracle.ne.jp
 
 フィールドは隠岐に限られますが植物歴40数年。ブログの目的は「植物を調べている隠岐の人」への情報提供です。しかし外部の方の参考にもなるよう,汎用性のある記述を心がけます。
 地元密着型の軽めの記事(日記)も,「隠岐版」と断って混ぜることにします。
 質問や地元の植物ニュースは歓迎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Access Counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR