FC2ブログ

 オオキツネノカミソリ Lycoris sanguinea var. kiushiana

今までは全部キツネノカミソリだと思い込んでいた。今年になって大慌てで調べたばかり,ブログに書くのは早過ぎる気もするが…。

調査地地点は,西ノ島町(小向・美田尻・高崎山),海士町(日ノ津),知夫村(赤禿山),の5ヶ所のみ。島後地区は2枚の写真(野津大・宮本秀永の両氏)での判断に過ぎない。

結果は,知夫の赤禿山(頂上付近と山麓)だけがオオキツネノカミソリで,他はすべて明瞭にキツネノカミソリだった。判断に悩むような個体には出会っていない。

キツネノカミソリは全国(北海道を除く)に分布する日本固有種であるが,オオキツネノカミソリの方は多少南にずれ,関東以西~九州まで。そして,隠岐は北限自生地の可能性がある。

知り得た範囲では,日本海側は福井県(丹生郡越前町)までで “知夫より南” ,最も北は群馬県(妙義山)で “五箇と同緯度” 。隠岐諸島が “北限” という認識でよいことにする。 “真の北限” なぞ,誰にも(何時になっても)判らないのだし。

量(個体数)については,関東地方でも「埼玉:有り,茨城・栃木・千葉:無し,群馬:稀,東京:Ⅱ類,神奈川:Ⅰ類」とごく稀。東海以西でもあまり多くはないように思える。特に中国5県では,岡山県を除けば普通種とは言えない。鳥取県は準絶滅危惧にしているし,島根県でも確実な記録は目にしていない。

ネット上などで,母種キツネノカミソリ var. sanguinea との “区別が難しい” としている人もいるが,その事を強調するのはどうかなと思う。中間型(恐らく雑種)が現れたとしても,それは頻度の問題である。 “稀に” 同定不能なタイプが出て来るのは,他の種群でもよくある話である(例えばサクラ)。まずは典型的な標準品をきちんと認識するのが先決,例外の中間型はペンディングしておいてよい。

両変種の比較対照。《 》内がキツネノカミソリ。
 (1) 葉はより幅広く : 10-15mm  《8-12mm》
 (2) 花被片の長さ : 7-9cm  《5-8cm》
 (3) 花被片の反り : 明瞭に反り返る  《あまり反らない》
 (4) 雄蕊は花被片より : 長くて,花外へ明瞭に突き出る  《短いかほぼ同長》
 (5) 小花柄は長く : 8cmまで  《2-6cm》
 (6) 花期は早く : 7月  《8月》

⇒ (1) 「10-13mm  《8-10mm》」とする文献もある。10mmが境界値。
⇒ (2) 数値以上に,一目で大きさの差を感じる。
⇒ (3) キツネノカミソリも反る事はあるが,後ろへ巻く感じはない。
⇒ (4) これが一番分かり易く確実。花を横から見て, “花糸” が大きく突き出る。
    (3)-(4) はネット上の画像が参考になる。但し,時には同定ミスもある。
⇒ (5) 調べていない。
⇒ (6) 場所や日照条件で多少の差は出るが,隠岐島前地区の最盛期は
    「7月中旬  《7月下旬》」

こうして書き上げると微妙で厄介そうであるが,現物を見れば直ぐに解決する。つまり,両者を “見比べる” ことができれば。隠岐の人は(少なくとも植物をやっている),7月半ばに赤禿山に登り自分の目で直に見るべきであろう。頂上手前の道路際に群生地がある。

キツネノカミソリを初めて知ったのは40数年昔,それ以来一度も疑ったことはなかった。今回にわかに注目したのは,西ノ島の山奥で大群生地帯に出くわし興奮したためである。そしてネットを検索,オオキツネノカミソリの存在を知り,図鑑にもちゃんと記述があることに気付いた。

なお,キツネノカミソリは集落内の水田近くのもので,しかもあまり大量にはない,という先入見は正確さに欠けていた。西ノ島の自生地の1つはほとんど人の入らない谷筋で,延々1km以上続いている。異様な光景で満開時を見てみたい。
プロフィール

T.Tango

Author:T.Tango
 丹後 亜興 (隠岐郡海士町)
   tttt@tx.miracle.ne.jp
 
 フィールドは隠岐に限られますが植物歴40数年。ブログの目的は「植物を調べている隠岐の人」への情報提供です。しかし外部の方の参考にもなるよう,汎用性のある記述を心がけます。
 地元密着型の軽めの記事(日記)も,「隠岐版」と断って混ぜることにします。
 質問や地元の植物ニュースは歓迎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Access Counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR