FC2ブログ

 キンギンボク の分布

以前に(2010.9.4)書いていた記事が見付かった。細かく調べているのでアップしておくことにした。
隠岐ではもっと注目してもよい(大事にすべき)種のように思われる。

Lonicera morrowii A.Gray  別名: ヒョウタンボク
Lonicela: ドイツの草本学者(A.Loniztzer),Morrowii: 採集家,A. Gray: 米国の植物学者

子供の頃から知っているものであるが,海岸の岩場に普通にありほとんど気にかけていなかった。ところが,島根県の絶滅危惧種(Ⅱ類)に指定されていることを知って驚き,理由を知りたいと思った。
この植物に向き合うのは,高校生の時に名前を調べて以来と言ってよい。庭に植えてからも30年以上になるが,あまり敬意を払って来なかった。放置したままだが,毎年きちんと花を咲かせ実をつけ,樹姿も乱れない。環境によくフィットした土着のものの良さであろう。

なお,選定理由には「隠岐の島後にのみあって,個体数も多くはない」と書かれているが,実際には島前3島にも点々とある。どう考えても絶滅の心配があるようには見えない。

分布に関する記載は次のものを採用する(頌栄短大教授 福岡誠行 1994)。
  『北海道南西部,本州の東北・北陸・中部・山陰地方,鬱陵島。』
日本海側の多雪地帯に分布の中心がある,いわゆる「日本海要素」の1つとされている。

一昔前は樹木学者でも「北海道・本州・四国」などと大ざっぱなことを書いていた。“四国”は,四国の最高峰「赤石山系・石鎚山系などの記録」に基づいたもののようである。しかし,愛媛県レッドデータブックでは「情報不足」として処理されているし,前記の分布域からも落とされている。なかったことにしよう。局所的に数本しかなくても,全域に広がっていても,分布域としては同じく「四国」となってしまう。たまたま1地点のみに少量あるのと,全域に多産するのでは意味が異なる。分布を考える時に,気をつけるべき点であろう。

【北海道】 は本州に近い渡島半島~石狩川周辺を主体とする部分のことである。日本海要素は時々ここから始まる。

【東北】 については全県の記録があるが,最新の「宮城県植物目録 2000」では,確認不能で除外されていた。やはり分布の主体は日本海側なのであろう。太平洋側の県では高地の標本が多く,「山を越えて」進出したように思われる。日本海側の青森・秋田・山形の3県については,海岸から高地まで広く自生することを確認できた。

【北陸】 では新潟・佐渡・石川では普通種であるが(海岸~亜高山),何故か「富山県植物誌(1983)」には出て来ない。福井県の状況は隠岐との関連で興味深いが(日本海要素は時に福井から隠岐へ跳ぶ),福井県RDBでは“絶滅”となっている。詳細な「福井県植物誌(1988)」にも言及がない。

【中部】 の長野県と【関東】の群馬県には豊富に産することを確認できた。今まで本種を海岸植物と思い込んでいたが,どうもそうではなさそうである。元は落葉樹林帯(ブナ帯・夏緑林帯)のものかもしれない。上のものが下(海岸)へ下りてきたと考える方が自然ではないか。北地や高山には近縁種も多いことだし(例えばオオヒョウタンボク L. tschonoskii)。

前記分布域から【近畿】は除かれているのでいいようなものだが,近畿はどうかと気になった。ある分布図(奥山春季 1983)に兵庫2個,滋賀・三重の辺りに2個のマークがついていたからである。なおここでは「兵庫・鳥取・島根・山口県」の日本海側を,広義の「山陰」と考えることにする。滋賀県・大阪府については記録がないことが分かったが,京都の海岸はどうなんだろうと思った。「京都府自然環境目録」というウェブページに本種の名前だけは出ているのだが,それ以外のことは分からない。

結局「近畿地方植物誌 (村田源 2004)」に頼ることにした。これは京都大学の標本を精査しリストアップしたものである(兵庫~三重)。本種の標本は,〔京都〕比叡山,〔兵庫〕香住町・竹之浦(海辺),の3点だけで非常に少ない。分布図や京都の記録は,この比叡山の標本に基づいた可能性がある。いずれにしても,近畿地方では「なきに等しい」ということでよいであろう。

残るは肝心の【山陰】(広義)である。
 1.兵庫県
「兵庫県レッドデータブック 2003」で,絶滅危惧種(ランクC)に指定されている。産地は県下を5分割したうちの1地域,「但馬」(日本海側)に○がついている。ウェブサイトではこれ以上のことは分からない。「ランクC」である点と,同書の2010年版で指定が取り消されていることを考えると,かなりの量があるのかもしれない。
 2.鳥取県
「レッドデータブックとっとり」によると,産地は東の果て(兵庫県との県境で海辺)岩美町1ヶ所だけで量も少ないとのことである。
 3.島根県
大産地“隠岐”を除いて,本土側では確認されていない(杉村喜則 2005)。
 4.山口県
「レッドデータブックやまぐち」ではランク「ⅠA類」の指定。以下は解説の一部を引用。
「県内では萩市にのみ記録されています。国外では朝鮮半島(鬱稜島)に知られています。萩市のある海岸にはかなりありますが、分布地の個体群の数はごくわずかです。」

隠岐の視点で短く要約すると,『主たる分布域は,東北(日本海側)・北陸(新潟・石川)。そして石川県から隠岐へ跳ぶ。延々400kmにおよぶ山陰沿海部(兵庫~山口)には,ほぼない!』。兵庫県境の鳥取県岩美町から萩市へすっ飛んで,ごく少量が出現するのみ。

これを書いていて,やはり日本海要素のセリモドキのことをしきりに思い出した。日本海側を南下して福井・兵庫の辺りからいきなり隠岐へ跳ぶ。国外の産地が鬱陵島(但し,近縁種のタケシマシシウド)に限るというのもよく似ている。カエデ科のエゾイタヤも日本海要素と言ってよいが,隠岐へ到達するまでのパターンが非常によく似ていた。隠岐に来て標高が下がる点も。

自分がこの種を「全国のどこにでも普通にあるもの」と思ってしまったのは,以下の唱歌の影響もある。ある植物学者が少年時代の思い出を綴った随筆に引用されていた。「茱萸原」はアキグミ?と知ってはいたが,この歌が浮かんだ時にはいつも,キンギンボクの深紅の実を思い出していた。

---------------------------------
 * 砂山 *        作詞:北原白秋,作曲:中山晋平

1 海は荒海 向こうは佐渡よ
  すずめ啼け啼け もう日はくれた
  みんな呼べ呼べ お星さま出たぞ

2 暮れりゃ砂山 汐鳴ばかり
  すずめちりぢり また風荒れる
  みんなちりぢり もう誰も見えぬ

3 かえろかえろよ 茱萸原わけて
  すずめさよなら さよならあした
  海よさよなら さよならあした

 【付記 2020.6.21】



 帰化種 ホウキギク vs. ヒロハホウキギク

以下は過去(2011年)に隠岐の植物仲間に送ったメールからの引用。
その後の新情報はチェックしていない。

-----------------------------------
 K さん

 ・・・ (略) ・・・
私の方はホウキギク類に決着をつけました。自分用のメモなら,何もここまで詳しく書いておく必要はないのですが,誰かに教えたいという気持がありました。ネット上で見ると結構悩んでいる人が多いようです。

考えてみると,皆市の道路際できれいなピンクのヒロハホウキギクに目を止めたことが遠因です。その後,コミカンソウを探しに溜池に行って,ホウキギクを持ち帰ったことから始まりました。
 ・・・ (略) ・・・

 【ヒロハホウキギク】

文献だけの時は「これは相当に厄介,分かりそうにない」などと思っていたが,実物を2-3日見て回って「なんだ,そうでもないぞ」という気になった。多少離れた所からでも,一目見れば何とかなる。

オオホウキギクという種もあるが,隠岐に入っている可能性は低い。まず,ホウキギクとヒロハホウキギクの区別を目指せばよい。この2種は普通に見られる。ただし圧倒的に多いのはヒロハホウキギクの方だ。

            ※ ホウキギク ===> ヒロハホウキギク
(1) 取り敢えず「花の色」
  純白 ===> 淡いピンク

 ※ これは100%ではないかもしれないが,9割以上は大丈夫だと思う。ホウキギクの舌状花は「まれに淡紫色」ということだが,まだ見たことがない。ただ,開花中は白だが,花後に舌状花が青紫を帯びる傾向はある(特に花弁裏面)。一方,ヒロハホウキギクの方は濃淡はあるとはいえ,はっきりピンク(ごく稀に白)。

(2) 花後(花が咲き終ってしぼんだ後)の舌状花の花弁
  直立,冠毛に埋もれてほとんど見えない。
   ===> 外側へ反って巻き込み,よく目立つ。

 ※ あまり知られていないようだが,これがヒロハホウキギクを決定づける,最も確実で分かり易い特徴である。しぼむとピンクも濃さを増す。ここを見れば同定終りと言ってよい。

(3) 花後の冠毛の状態。
  直ぐに伸びて総苞の外へ突き出す。白く盛り上がってよく目立つ。
   ===> 直ぐには伸びず,総苞に包まれて外からは見えない状態が長く
       
  続く。

 ※ これも例外のない明瞭な特徴。花後の状態は
 「白く盛り上がった冠毛の束 vs. クルクル巻き返ったピンクの花弁」
が対照的。この事を知ると,同定は拍子抜けするほど簡単。花数が多く,完熟(毛の球)までの期間が長いので,観察も楽だ。この時期のホウキギクはオオアレチノギクを思わせる。

その他にも色々な差異が言われているが,変化があって確実ではない。例えば,葉の広さ・形などは考えない方がよいかもしれない。葉の基部が茎を抱くかどうかも,大きな差でもない上に観察が面倒。

ただ,
 「ホウキギク:せいぜい40° vs. ヒロハホウキギク:60°以上」
という枝の開き方の差は,遠くから見る時に役立つ。確かにこのような差があって面白いが,はっきりしないこともあって万能ではない。比較は,茎の上部の若い部分が見やすい。

更に言えば,
 「ホウキギク:花は小さく,総苞は長くほっそり,主に水辺。
   vs. ヒロハホウキギク:花は大きめで(最大花径9mm),総苞は短くて
     ふくらむ,乾燥地にも多い」
という差がある。しかし,同定上は考慮しなくてよいだろう。何よりも,(1) ~(3) である。


次に気を付けた方がよいのが,雑種ムラサキホウキギク(ホウキギク×ヒロハホウキギク)かもしれない。両種が混生している場所では,頻度は少ないとはいえ出来ているかもしれない。これについての情報は文献(*3)しか知らないが,「舌状花は薄紫色」であるという。
「白とピンクが交雑して紫」,変なようだがホウキギクには確かに紫のDNAがありそう。
他の形質は概ね両者の中間で,決定的な特徴は「痩果がすべて不稔」であることだという。

痩果が未成熟でこの事は確認できなかったが,
 ① 舌状花がはっきりと青紫,
 ② 舌状部は外側へ巻き込み,
 ③ 冠毛は明らかに突き出す,
ものを1個体だけ見た。これはどう考えても,どちらかの種にはできない。これが雑種でないとすれば,上の(1)~(3)の基準が全部崩れてしまう。今後の探索に期待したい。


オオホウキギクも一応気になる。特徴は,
 ① 頭花は大変大きく(舌片の長さ3.8mm程度,花径10mm以上),
 ② 花数が少なく疎らにつく,
 ③ 花柄が長く20mmを優に越えるものがある。

③ が最も重要な特徴のようで,ナガエホウキギクの別名もある。この種は心配する必要のないほど,感じの異なるものだと思う。つまり,見れば直ぐに分かりそう。


 [ウェブサイト]
前記 (2)と(3)にぴったりの写真を捜すのに苦労した。一体どこを写しているんだろうか。特徴のはっきりしない写真はもちろん,間違った同定も間々ある(信じたらエライことだ)。
ほとんどが「他のサイトの引き写し+素人の思い込み」なので,混乱が伝染し自家中毒(?)を起こしているようだ。
 ・・・ (略) ・・・  (閉鎖されたサイトも多くありURLは取り敢ず省略)

 [参考文献]
(*1):「原色日本帰化植物図鑑」  長田武正 (保育社, 1976)
(*2):「日本の帰化植物」  清水建美 編 (平凡社, 2003)
(*3):「日本国内のホウキギク類(Aster 属 Oxytripolium 節)の分類と帰化
    
 動態,種間雑種に関する研究」  榎本敬・深井いと代・福山利範
             ・武田和義(雑草研究 Vol. 46(3), 2001)
(*4):「神奈川県植物誌 2001」  神奈川県植物誌調査会
(*5):「ホウキギク類図入り検索表」  山口純一 (ウェブサイト, 2009)

プロフィール

T.Tango

Author:T.Tango
 丹後 亜興 (隠岐郡海士町)
   tttt@tx.miracle.ne.jp
 
 フィールドは隠岐に限られますが植物歴40数年。ブログの目的は「植物を調べている隠岐の人」への情報提供です。しかし外部の方の参考にもなるよう,汎用性のある記述を心がけます。
 地元密着型の軽めの記事(日記)も,「隠岐版」と断って混ぜることにします。
 質問や地元の植物ニュースは歓迎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Access Counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR