FC2ブログ

 ニオウヤブマオ Boehmeria holosericea

学名と和名及びその意味は,矢原徹一博士の著作に従う。日本維管束植物目録(米倉浩司 2012)も同様の扱い。保育社の原色図鑑に解説されているものにも一致する。

隠岐や島根県では今まで,本種をオニヤブマオと言って来た。しかし,平凡社の図鑑(佐竹義輔 1982)と “Flora of Japan (H. Ohba 2006)” にあるオニヤブマオ(B. holosericea)は何か別の概念であるので無視する。両書に言う,ニオウヤブマオ(B. gigantea,B. grandissima)とサイカイヤブマオ(B. pannosa)を併せたものに相当する。

これに似たものはヤブマオ B. japocica var. longispica 一種しかない(少なくとも隠岐では)。そしてヤブマオはその辺に幾らでもある。ヤブマオに近いものにメヤブマオ B. platanifolia があるが,これは少し山へ入らないと現れないし,量も少ないので知らない人が多いと思う。よって,ヤブマオの一番わかり易い特徴は「 (1) そこら辺りでしょっちゅう目にする,例の奴」。目の前に現物があるので安心だが,ニオウヤブマオとの比較では, “鋸歯” に関して次の点に着目する。

 (2) 数が少ない。片側15前後。
 (3) 必ず重鋸歯(多少とも)が混じる。
 (4) 基部では小さいが,葉先ではっきり大きい。
 (5) 先端が鋭く尖る。細長く湾曲気味に。
 (6) 加えて最重要な留意点は,雄花をつけないこと。まだ雄花を見たことはないが,たとえあっても貧弱で痕跡的なもののはずである。

これに対応して,ニオウヤブマオは以下のようになる。(6) が最も重要だが,イメージとしては(4)・(5) 。
 (1) 海岸に行けば必ずある。風が吹けば波しぶきが飛んで来るような場所。
 (2) 数が多く20以上。30を越えることも。
 (3) 必ず単鋸歯。
 (4) 小さめで形が揃っている。極端な大小はない。
 (5) はっきり丸味がある。典型的には円頭。
 (6) 雄花はぎっしりつく。円錐花序(枝分れ)をなして賑やか。

とにかく海岸には必ずあるので(海士・西ノ島のあちこちと島後の一部で確認済み),ヤブマオのイメージを頭に入れて,海岸へ行ってみるとよい。一目で「違う!」と判る。もしそこが,日陰で適湿な場所なら “円形の巨大な葉” に圧倒されるはずである。なお,海岸(本来の)を離れると急速に減るが ,“海岸にしか生えない”という訳ではない。数百メートル内陸へ入っても,日当りのよい場所では時に見かける。

他に紛らわしい種はないし,ヤブマオが海岸へ出て来ることもまずない。不安なら,茎の上半部に雄花が付いていることを確かめればよい。ヤブマオの花序(雌花)はまだ育っていない。白い枝分れした花序が目に入れば,それはニオウヤブマオの雄花である。雌花は遅れて(7月下旬以降),茎頂部(雄花の上)に伸び出す。秋になって果実が熟してからでも,その下方に枯残った雄花の残骸があるので確実な同定ができる。

よく見ればニオウヤブマオにも変化はある。特に鋸歯の大小。しかし,群落全体あるいは産地一帯を広く観察すると,その変化が連続的なものであることに気付く。異種が混生している訳ではない。1枚の葉だけ,1個体だけで判断してはいけない。乾燥・強風など特殊な環境にも要注意である。小さくいじけたり,徒長した個体にもこだわらないよう。

とは言うものの,葉形がヤブマオそっくりの個体が出て来て(鋸歯の数が少なく,大きくて鋭く尖る),しばらく悩んだ。海士町の明屋海岸・倉田海岸でそれぞれ1株ずつだったが,雄花が沢山ついていること以外にニオウヤブマオの特徴があまりない。だけどこれもニオウヤブマオの変化形(例外的な)と考えておくことにする。人の訪れることもない海岸のニオウヤブマオの大集団の中に,1株だけ異種が紛れているとは思えない。それに,円錐状の雄花があるので該当しそうな候補種も見当らない。 “変り者” は常にいる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

T.Tango

Author:T.Tango
 丹後 亜興 (隠岐郡海士町)
   tttt@tx.miracle.ne.jp
 
 フィールドは隠岐に限られますが植物歴40数年。ブログの目的は「植物を調べている隠岐の人」への情報提供です。しかし外部の方の参考にもなるよう,汎用性のある記述を心がけます。
 地元密着型の軽めの記事(日記)も,「隠岐版」と断って混ぜることにします。
 質問や地元の植物ニュースは歓迎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Access Counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR