FC2ブログ

 タマシケシダ Deparia japonica × D. pseudoconilii

西ノ島の焼火山頂,NHKのテレビ塔付近(alt. 452m)。薄暗い照葉林下に,20株ほどのまばらな群落があった。

フモトシケシダ D. pseudoconilii 発見!と喜んで持帰ったのだがガックリ。包膜はあるが,ぺしゃんこで胞子嚢がほとんどできていない。わずかに飛んでいる胞子を検鏡したら,でたらめだった。しかし,そんなに失望しなくてもよいような気もする。親が珍しいものなら,その子はなお珍しいと言えなくもない。親を発見できる希望も出て来たし。

(1) 大きさがはっきり “小型” なので, “大型” は関わっていないと仮定する。

(2) “中型 × 中型” のサツマシケシダとは,大きさがまるで違うし葉面の毛も目立ちすぎる。

(3) “小型 × 小型” のホソバフモトシケシダは,「葉の概形や羽片の形はホソバシケシダに似ている…」(芹沢俊介 1973)ので違う。葉面は三角形で下ほど幅広く,羽片も長くて鋭頭。全然似ていない。

(4) “中型 × 小型” の可能性のみが残るが,小型種はフモトシケシダであると判断する。

(5) その理由:
  (a) 最下羽片が一番長く,例外なく下へ垂れる。
  (b) 葉身に多細胞毛が目立つ。ホソバシケシダだと “無毛 × 無毛” になっておかしい。
  (c) 葉柄が紫褐色を帯びる。

(6) 中型の相手はナチシケシダか?雑種の情報が少なく,判断の基準は若時の包膜の形くらいしか考えられない。包膜の辺縁が内曲してナチシケシダ的ではないので,取りあえず否定しておく。両種の混生地に行って,(必ずできる)雑種を探し出すという方法もあるが,隠岐にはフモトシケシダの記録がない。

(7) タマシケシダ = シケシダ × フモトシケシダの原記載は(芹沢俊介 1973)次のようになっていて,この説明によく一致する。タマは東京の多摩市。

「シケシダとフモトシケシダの雑種と推定される。前者に比べ羽片は広い角度でつき,葉に多細胞毛が多く,後者に比べ多細胞毛が少なく,葉の二形性はあまり顕著ではない。オオホソバシケシダからは,多細胞毛が多く,葉柄はやや紫褐色を帯びる事などで区別される。」

 ※ なお,フモトシケシダの変種コヒロハシケシダ var. subdeltoidofrons は,“茨城県~静岡県東部” 固有ということで考慮に入れてない。


 【 追 記 】  2016.12.30
タマシケシダではないという結論になった。同定は国立科学博物館の
海老原淳博士。正しくは,
  セイタカフモトシケシダ
    Deparia dimorphophylla x D. pseudoconilii var. pseudoconilii

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

T.Tango

Author:T.Tango
 丹後 亜興 (隠岐郡海士町)
   tttt@tx.miracle.ne.jp
 
 フィールドは隠岐に限られますが植物歴40数年。ブログの目的は「植物を調べている隠岐の人」への情報提供です。しかし外部の方の参考にもなるよう,汎用性のある記述を心がけます。
 地元密着型の軽めの記事(日記)も,「隠岐版」と断って混ぜることにします。
 質問や地元の植物ニュースは歓迎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Access Counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR