FC2ブログ

 オグルマ Inula britannica ssp. japonica

カセンソウ I. salicina var. asiatica にはたまに出会うが,オグルマを見たのは初めて。島後西村の宮本さんの案内による。この機会に,両者の区別の仕方を書いておきたい。いったん知ってしまうと,その後は見ただけで分るようになり,細かな区別点を忘れてしまうから。初めての人に教えるのに,「見れば分る」は通用しない。

図鑑には色々書いてあるが,次が曖昧さのない最も確実な区別点である。初めて同定する時は,この判定基準に従って “確信” を得た方がよい。これらの特徴は,果実が熟していなくても,花が開いていれば使ってよい。

 ・カセンソウ: 痩果は無毛,冠毛の長さ8mm
 ・オグルマ : 痩果は有毛,冠毛の長さ5mm

痩果は10倍以上のルーペで丁寧に観察すること。カセンソウは毛がなくてツルツルしているが,オグルマは刺状の毛が上向きに生える。冠毛の長さには ±0.5mm 程度のゆらぎはある。こちらは,物指に乗せても何とかなりそうな大きな差である。

以下にその他の差異を列挙するが,いずれも “程度問題” で曖昧さを含む。慣れるまでは, “状況証拠”と気楽に考えればよい。もちろん,両種の現物を並べて比較できれば,同定はそんなに難しくないであろう。しかし,両者とも稀産種,まずはどちらか一方だけの同定を強いられるはずである。

 ・カセンソウ: 葉は硬く,下面に開出する毛(上向きに湾曲)がある。
 ・オグルマ : 葉は軟らかく,下面には白い伏毛が密にある。
カセンソウの葉は洋紙質で,ザラザラとした手触りだが,オグルマは草質で手には引っかからない。もちろん,茎中央部のちゃんと生長した葉で確かめる。

 ・カセンソウ: 頭花は1~2(5)個。
 ・オグルマ : 頭花は1~多数。
これは群落全体の傾向を見る必要がある。カセンソウも時に 3-5個花をつける個体が混じる。

 ・カセンソウ: 頭花の柄は開出する毛があるか,あるいはほとんど無毛。
 ・オグルマ : 頭花の柄には白い伏毛がある。
確かに,オグルマの花柄には長毛が密生している。

 ・カセンソウ: 葉の裏面に葉脈が突出。
 ・オグルマ : 葉の裏面の葉脈は突出しない。
これは誤解しやすい表現。葉脈は “網状の細脈” の意味である。オグルマも大きな支脈は突出する。

他にも,葉の大きさ・葉の基部が茎を抱く程度・花の色・花の大きさ等にも差異がありそうだが,これは書かない。自分で感じ取った方がよいし,まだ十分観察もしていないので。まずは,正攻法の「痩果の毛・冠毛の長さ」で判断すべきである。ごちゃごちゃ書いたが,種としての区分が曖昧なわけではない。ハッキリした別種である。

他にオグルマに似ているもので,ホソバオグルマ I. linariifolia と雑種サクラオグルマ(オグルマ × ホソバオグルマ)があるが,隠岐には縁がなさそうなので触れない。ホソバオグルマは,葉の形がまるで違うので(細長く線形)見れば分るはずだ。


  【追記 2016.9.14】
花期に明瞭な差があることをウッカリしていた。これが一番手っ取り早い。花のピーク(最盛期)は以下のようである。少なくとも隠岐では。

  ・カセンソウ --------- 7月前半 (初夏~ 仲夏)
  ・オグルマ ---------- 9月中旬 (秋ど真ん中)

他には,生育環境の違いもあるように思われる。
  ・カセンソウ ------ 水の滲むような場所を好むようだが, “湿地生” とは言え
               ない。乾いた所でも見かける。
  ・オグルマ -------- はっきり湿地の植物。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

T.Tango

Author:T.Tango
 丹後 亜興 (隠岐郡海士町)
   tttt@tx.miracle.ne.jp
 
 フィールドは隠岐に限られますが植物歴40数年。ブログの目的は「植物を調べている隠岐の人」への情報提供です。しかし外部の方の参考にもなるよう,汎用性のある記述を心がけます。
 地元密着型の軽めの記事(日記)も,「隠岐版」と断って混ぜることにします。
 質問や地元の植物ニュースは歓迎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Access Counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR