FC2ブログ

 ナンゴククガイソウ Veronicastrum japonicum var. australe

冬籠中の仕事として,隠岐版のレッドデータブックを作成中。本種は “絶滅危惧Ⅱ類” にした。隠岐では広く分布していて,高い場所(標高400m以上)で時々見かける。ただ,いつもポツンポツンで “見事な群生地” は知らない。島前でも高崎山には結構あるし,焼火山にもあったと思う。

クガイソウは “高原の花” というイメージで初期の頃から知っていた。初めて現物に出会った時も,皆が言うように “クガイソウ” で済ませた。小敷原山のものを自分で同定した時に「これはナンゴクだな」と思った記憶は残っているが…。今思うとこのナンゴククガイソウに少し冷たかったような気がする。ちゃんと 調べるのは,今が生涯で3度目。

クガイソウ var. japonicum との区別は次のようになっている。クガイソウの現物を見てないので,これ以上の差異(ある筈)は分らない。
 クガイソウ: 花序軸に微毛あり。 小花柄:1-3mm。
 ナンゴク : 花序軸は無毛。   小花柄:3-4mm。

分布は,西と東にきちんと分れる。奈良県のみ両方を記録。
 クガイソウ: 本州(近畿以東)
         ・・・西限:  京都府  (京都府RDB 1998)
 ナンゴク : 本州(近畿以西),四国,九州
         ・・・東限:  兵庫県氷ノ山  (村田源 2004)

近畿地方が境界線で他の県は。
 クガイソウ: 滋賀(分布上重要種)・京都(準絶滅危惧種)・奈良(絶滅寸前種)
 ナンゴク :奈良(絶滅寸前種)・和歌山(絶滅)・兵庫(2003年版ではCランク)
 記録なし :大阪

中国・四国・九州(中部)はナンゴククガイソウのみ。
 鳥取: 準絶滅危惧
 島根: 隠岐と中国山地沿に稀
 岡山: 記録なし
 広島: 中国山地沿に稀
 山口: 記録なし

四国山地の県境地帯にはかなりあるようだが,九州はほぼ絶滅状態。
 大分: 情報不足, 宮崎:絶滅,熊本:絶滅危惧Ⅰ類(1ヶ所のみ)

2012年,環境省のレッドリストに追加されたが当然のことであろう。絶滅危惧Ⅱ類(VU)。

これで見ると,隠岐はナンゴククガイソウの飛抜けた北限自生地ということになる。確かに隠岐は,地史的には西日本なのでナンゴククガイソウがあってもいい。しかし緯度から言えば,完全にクガイソウ var. japonicum の領分である。もう一度丁寧に調べた方がよい。もしかしたら,丸山巌氏の目録のように,或は奈良県のように,両変種が混在している可能性もある。


 【付 記】  2016.10.10

クガイソウ var. japonicum を一昨日鷲ヶ峯の遊歩道で確認した。丸山巌氏の記録以来56年ぶりの再発見ということになる。しかし,現地は銀座通りとも言える場所なので,単に今まで誰も調べなかっただけ。

まさか,ここ1ヶ所に限るという訳ではなかろう。今後,両変種の分布状況を調べてみると面白い。これで,両方ともが共存する特異地域は,奈良県と隠岐諸島ということになった。

なお,採集品は「花序軸に密毛,小花柄は2.5mm前後」で同定に何の問題もない。今後もっと調べる必要はあるが,「変異が大きく,中間型も現れる」ことはなさそうに思う。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ナンゴククガイソウといえば、大山の夏の花畑を彩る代表的な1種という認識をもっていますが、
これも隠岐に自生しているんですね~。
特に根拠も無く、少なくともクガイソウはあるだろうと思っていただけに、
意外な印象をもちました。

自生の東限は氷ノ山なんですね・・・。
去年秋にこの山を歩いたときから、
この山域に見られる植物について興味をもつようになりました。
ツマトリソウ、モミジカラマツ、ツバメオモト、コイチヨウラン、コメバツガザクラなど、
亜高山帯に由縁する多くの遺存種が確認されているそうです。
隠岐ではこうした植物もいくらか自生しているのでしょうか・・・?

山頂から三の丸にかけての尾根沿いでは
キャラボクを交えたチシマザサの笹原が広がっていますが、
こうした箇所の植生の形成過程に関しても気になるところです。

大山と比較

中国地方辺りで変種(亜種)が分れる,アカショウマ・トリアシショウマ,ヤマアジサイ・エゾアジサイ
を思い出します。進化(分化)の遅れた地域で同定も厄介。厭だなというマイナスイメージを持っていましたが,古い状態が残っている進化の原点で興味深い,と考えることもできます。

>ツマトリソウ、モミジカラマツ、ツバメオモト、コイチヨウラン、コメバツガザクラなど、
これらは,隠岐だけでなく島根県の記録もないようです。低地に降りる能力に欠けるんでしょうか。

>キャラボクを交えたチシマザサの笹原
1つの山だけですがチシマザサの大群生があります(西限)。発見時には新品種として記載されたようです。標高が低いのが異常です(300~400m)。キャラボクも一応記録があるので,捜しているところです。イチイはあります。

他に,大山と隠岐で思い浮ぶのは,チョウジギク・エゾノヨロイグサ・ヒゲノガリヤス・…。
プロフィール

T.Tango

Author:T.Tango
 丹後 亜興 (隠岐郡海士町)
   tttt@tx.miracle.ne.jp
 
 フィールドは隠岐に限られますが植物歴40数年。ブログの目的は「植物を調べている隠岐の人」への情報提供です。しかし外部の方の参考にもなるよう,汎用性のある記述を心がけます。
 地元密着型の軽めの記事(日記)も,「隠岐版」と断って混ぜることにします。
 質問や地元の植物ニュースは歓迎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Access Counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR