FC2ブログ

 ヒメフタバラン Neottia japonica の分布

 1.県下の記録
このランを初めて知ったのは,以下の丸山巌氏の記事だったと思う。『島根県大百科事典(山陰中央新報社,1982)』

アオフタバラン 「… 隠岐島後に多い。 … なお,ヒメフタバランも … 隠岐島後に見られる。」

同氏の『国立公園候補地 隠岐島・島根半島・三瓶山(1960)』にはフタバラン属の記録はないので,その後になっての発見であろう。

『島根県の種子植物相(杉村喜則,2005)』では,
 「ヒメフタバラン 稀に分布:都万,布施」,
 「アオフタバラン 稀に分布」
となっている。はっきりはしないが,島根県では隠岐だけの記録のように思われる。

なお,『隠岐雑俎(岡部武夫,1950)』には,フタバラン(コフタバラン)1種が記録されている。しかし,亜高山帯の針葉樹林下のものなので誤認の可能性もある。

ヒメフタバランの標本は次の2点(記録)を確認できた。
 ・隠岐島後,萩庭丈寿 1977.4.22,国立科学博物館
 ・都万村那久,杉村喜則 1983.5.12,県立三瓶自然館

 2.群生地発見
長い間気にかかっていたが,この間(2014.4.16)やっと実物に出会った。旧布施村の林道沿い,5mほどの間に20株ほどが花を付けていた。一種の群生地と感じたが,非常に気付きにくい。2mも離れたら見えないし,近くで指差されてもじっと目を凝らさないと見えて来ない。花は地味な紫褐色,小さな2枚の暗緑の葉,背景の地面に沈んで区別ができないのである。

残る目標は,アオフタバラン N. makinoana の発見になるが,花期は7-8月。真夏の樹林内に踏み入るのはかなり厳しい。とりあえずはスギの植林地か…。

 3.分布状況
同定に問題はないので,分布状況を詳しく調べてみた。
       ※ ●:RDB登載,○:記録あり,×:記録なし

北海道 ×

青森 ×,秋田 ●,山形 ○,岩手 ×,宮城 ●,福島 ●

群馬 ×,栃木 ○,茨城 ●,埼玉 ●,東京 ●,千葉 ●,神奈川 ●

新潟 ●,富山 ×,石川 ×,福井 ×,岐阜 ●,長野 ●,山梨 ×,静岡 ●,愛知 ○

滋賀 ●,京都 ●,兵庫 ●,大阪 ×,奈良 ●,和歌山 ●,三重 ●

鳥取 ×,島根 ○,山口 ×,岡山 ×,広島 ●

香川 ×,徳島 ●,愛媛 ●,高知 ●

福岡 ●,佐賀 ●,長崎 ●,大分 ×,宮崎 ●,熊本 ×,鹿児島 ●,沖縄 ○

台湾 ○

分布は広いが,個体数は極めて少ない事が分かる。ただ,目につきにくいものなので過去の記録がなくても「無い」とは限らない。最近の調査によって初めて自生が明かになった県が数県ある。中国~近畿北部では以下のような感じである。

 ・島根県: 記録は隠岐だけ。40年かかってやっと確認できた。
        何故“絶滅危惧”になってないんだろう?
 ・広島県: 絶滅危惧Ⅱ類,現状確認されている産地は2-3?ヶ所。
 ・山口・岡山: 昔から詳しく調べられている県であるが記録がない。
 ・兵庫: 絶滅危惧Ⅰ類,「県内では1ヶ所に知られているが、最近は確認できない。」
 ・京都: 絶滅危惧Ⅰ類,「産地や個体数が極めて少ない。」
 ・滋賀: 情報不足,「比叡山に記録があるが,分布現況は明かではない。」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

T.Tango

Author:T.Tango
 丹後 亜興 (隠岐郡海士町)
   tttt@tx.miracle.ne.jp
 
 フィールドは隠岐に限られますが植物歴40数年。ブログの目的は「植物を調べている隠岐の人」への情報提供です。しかし外部の方の参考にもなるよう,汎用性のある記述を心がけます。
 地元密着型の軽めの記事(日記)も,「隠岐版」と断って混ぜることにします。
 質問や地元の植物ニュースは歓迎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Access Counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR