FC2ブログ

 ナガバヤブソテツ Cyrtomium devexiscapulae (2)

 ★ 認識の変遷 ★
 (1)
原記載は,Polystichum devexiscapulae Koidz. (小泉源一,1932)。タイプ標本は済州島産。
 (2)
属を移しオニヤブソテツの変種に落す。Cyrtomium falcatum (L.) C.Presl var. devexiscapulae (Koidz.) Tagawa (田川基二,1934)。
 (3)
1936年,再び独立種。Cyrtomium devexiscapulae (Koidz.) Koidz. & Ching,秦仁昌教授は中国のシダ学者。
 (4)
『原色日本羊歯植物図鑑(田川基二,1959)』で,オニヤブソテツの注(補足)に「キレバヤブソテツ … ナガバヤブソテツ C. devexiscapulae Koidz. は,… ともに区別するほどのことはない。」と記す。田川博士の影響は多分絶大。学名も変種が使われ続けることになる。

 (5)
倉田悟博士によるオニヤブソテツの解説(1963)。『日本のシダ植物図鑑(1987)』から引用する。後半部はオニヤブソテツの変異について。本書の図版がナガバヤブソテツであることに驚く!

「…海浜を離れ山中に自生するものは葉が薄くなり多少光沢が弱まる。特に羽片が幅狭く,基脚がほぼ左右同形のくさび形をなすものをナガバヤブソテツというが,中間型が多くて到底区別はできない。また,羽片の辺縁に著しい突起の出たものをキレバヤブソテツというが,これも色々の程度があって分類学的に認められるべきものではない。」

「オニヤブソテツ羽片は通常鋭鋸歯を有せず,特に先端部は全く全縁であるが,稀には先端部の辺縁に低い少数の鋭鋸歯が出ることがある。また包膜は中央部が広く黒色を呈し,時にはほぼ辺縁まで黒褐色となるが,包膜が全く灰白色で色着かぬものも珍しくない。」

 (6)
『新日本植物誌 シダ篇(中池敏之,1982)』。オニヤブソテツの一型(変種)として〔メモ〕で触れる程度(1992年の改訂増補版では独立種に変更)。

『日本の野生植物 シダ(岩槻邦男,1992)』では,オニヤブソテツの記載の末尾で触れる程度。そして,『Flora of Japan(K. Iwatsuki,1995)』では完全に消えてしまった。

つまり本種は長い間軽視あるいは無視されて来た。今もウェブ上のウィキペディアによると「別種とする判断はあまり認められていない」そうである。

 (7)
よくは分らないが,オニヤブソテツ類が注目され見直しが始ったのは1990年頃からではないか?例えば,『鹿児島県奄美大島におけるオニヤブソテツ(オシダ科)の生殖型,分布,生育地,および外部形態の変化(中池敏之・松本定,1990)』など。

 (8)
『日本列島におけるオニヤブソテツ複合種(オシダ科)の繁殖様式と種分化に関する種生態学的研究(松本定,2003)』は,詳細を極めたもので最終決定版という印象を受けた。やっと,ナガバヤブソテツが種としてのステータスを確立した感じ。

 (9)
『日本産シダ植物標準図鑑(2015年刊行予定)』では独立種として取上げられる。筆者自身がにわかに着目したのは,本書の“分布図草案”を見てから。ナガバヤブソテツという名は知っていたし,山中の渓側などの多少変なのが気になってはいたのだが…。

 ★ 繁殖様式 ★
A1. ヒメオニヤブソテツ ------------ 2倍体有性生殖
A2. ムニンオニヤブソテツ --------- 2倍体有性生殖
B.  オニヤブソテツ ---------------- 3倍体無配生殖
C.  ナガバヤブソテツ -------------- 4倍体有性生殖

これを見ると,A・B・Cは“生物学的種”として独立のように思うし,この事実はB・Cについては1960年代に既に知られていた。何故ナガバヤブソテツが冷遇されたのか?(現在の知識では)外部形態的にも相当な差異があるのに。

無配生殖のオニヤブソテツが多型を極め,種の境界がはっきりしなかったためかもしれない。直ぐにヤブマオ属 Boehmeria のこと(隠岐)を思い出した。両者共に,BはAとCが親として関わる雑種起源と推測されている。Bタイプが人為的な攪乱に強い点も興味深い。
 A.  アカソ(有性)
 B1. メヤブマオ(無配)
 B2. ヤブマオ(無配)
 C.  ニオウヤブマオ(有性)

 ★ 分布 ★
殆ど忘れられていた種なので情報がない。前記「分布図草案」によると,関東以西~九州と分布は広い。ただ,量的には少なくオニヤブソテツの比ではない。それでも隠岐で3メッシュ。決して稀産とは言えない。

 ★ 無配生殖種はなぜ多型か? ★
今思いついた余計なことを付け加える。無配生殖ならクローンばっかりできて変化が生じないように思ってしまう。しかし,クローンの出発(起源)を考えてみたらどうだろう。何処まで遡ってもクローンはクローン,というのは論理的に成立しない。どのクローンも過去のいつかの時点(あるいは現在も)で新たにできたものである。

その原因が雑種であれば,両親の中間のありとあらゆる型が普通に現れる。いつも足して2で割った真ん中,という訳ではない。それら誕生時の雑多なタイプが,クローンで凍結され永遠に続く…。有性生殖のように,混ぜ合さって一定の範囲に収斂するということがない。つまり,現在の多型は出発点の多型の反映。その後の,お互い同士の交雑や,両親との交雑(戻し交雑)もあり得る。

          [⇒ ナガバヤブソテツ(1)]

コメントの投稿

非公開コメント

ナガバヤブソテツ

ナガバヤブソテツは異質4倍体(AABB)でAゲノムはムニンオニヤブソテツ(AA)、Bゲノムはテリハヤブソテツ(B*E)に共通する未知の種との雑種起源の種のようです。この未知種を見つけたいですね。

No title

松本 さま
情報ありがとうございます。そこまで分かるんですか!
その未知種が今も生き残っていればいいんですけど。
プロフィール

T.Tango

Author:T.Tango
 丹後 亜興 (隠岐郡海士町)
   tttt@tx.miracle.ne.jp
 
 フィールドは隠岐に限られますが植物歴40数年。ブログの目的は「植物を調べている隠岐の人」への情報提供です。しかし外部の方の参考にもなるよう,汎用性のある記述を心がけます。
 地元密着型の軽めの記事(日記)も,「隠岐版」と断って混ぜることにします。
 質問や地元の植物ニュースは歓迎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Access Counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR