FC2ブログ

 隠岐に トネリコ Fraxinus japonica   そのⅡ.同定

図鑑類からの寄せ集めで,自己用に検索表を作ってみた。外国産の栽培種は除く。太字の和名は隠岐に記録があるもの。
ケアオダモの部分を詳しく書いたのは,まだ発見(確認)できていないからである。

トネリコ属は葉形が変化しやすく同定には注意が必要。枝や葉は数多く観察し全体の傾向(代表値・最頻値)をつかむ事が重要になる。一部の例外にこだわってはならない。

つまり,同定は “用心深く” あるべきだが,分類そのもが難解なわけではない。種の境界は明瞭で,亜種・変種・雑種のような中間型(個体)は現れないので安心してよい。

1: 葉は半常緑で革質。小葉は全縁。琉球産。
             -------------------------------- シマトネリコ
1: 葉は落葉性で紙質。小葉は鋸歯縁まれにやや全縁。
 2: 小葉は無柄又はごく短い柄がある。
  3: 葉の中軸の小葉の着点に赤褐色の綿毛がある。
             ------------------------------------ ヤチダモ
  3: 葉の中軸の着点に上記のような毛はない。
   4: 小枝は太く径5mm以上。葉柄の基部は著しくふくれ枝を抱く。
             --------------------------------------- シオジ
   4: 小枝はやや細く,葉柄の基部は著しくはふくれない。
    5: 芽の外側の芽鱗の先端は反曲し内側に茶褐色毛を密生する。
             ------------------------------ ミヤマアオダモ
    5: 芽の外側の芽鱗は圧着する。
----
6: 小葉の鋸歯は低平で不明瞭,ほぼ全縁に見える。
  ・ 若枝・葉柄・葉軸に粉状の微毛(短腺毛が混じる)がある。
   芽鱗には粉状の微毛があるか又は無毛。
  ・ 葉はやや革質で艶があり葉脈はあまり目立たない。
  ・ 低山地に普通。
          ------------------ マルバアオダモ
6: 小葉には明瞭な細鋸歯がある。
  ・ 若枝・葉柄・芽鱗には開出する粗毛がある,
   又は無毛(アオダモ)。粉状の微毛はどこにもない。
  ・ 葉はやや草質で葉脈が凹む。
  ・ 山地帯で,ありふれてはいない。
          ----------------------- ケアオダモ
----
 2: 小葉は明らかに有柄(長さ3mm以上)。
  3: 小葉は卵形~長楕円形で,急鋭頭又は急鋭尖頭。
   ・葉はやや紙質で薄く,葉脈は溝状に凹んで顕著。
            -------------------------------------- トネリコ
  3: 小葉は長楕円状披針形,尾状に長く鋭尖する。。
   ・葉はやや革質で厚みを感じる。葉脈はそんなに目立たない。
   4: 小葉柄は長さ1cm以下。
            ------------------------------- ヤマトアオダモ
   4: 小葉柄は長さ1~3cm。奄美大島以南に分布。
            -------------------------------------- シマタゴ


『日本の樹木(初島住彦,1976)』の検索表を辿って,トネリコ属を確信できた。花がないと属の決定には不安が残るものだ。

× A:葉は不明またはやや不明。
○ A:明らかな葉を有する。
 × B:鱗片葉・針葉・線形葉。…
 ○ B:葉は通常上記のように狭くなく,…
  × C:葉は互生または束生。
  ○ C:葉は対生または輪生。
   ×:葉は単葉。
   ○:葉は複葉。

 [複葉対生または輪生]
× 1:葉は掌状複葉で…
○ 1:葉は羽状複葉…
 × 2:茎は多少つる性。
 ○ 2:茎はつる性でない。
  × 3:葉は2回または3回羽状複葉。…
  ○ 3:葉は1回羽状複葉。
   × 4:葉は多肉多汁,…
   ○ 4:以上と異なる。
    × 5:小枝は四角形。…
    ○ 5:小枝は四角形でなく,…
     × 6:葉は3個輪生。…
     ○ 6:葉は3個輪生でなく2個の対生。
      × 7:小葉は全縁またはやや全縁。
      ○ 7:小葉は全縁でない。
       × 8:小葉は3個。
       ○ 8:小葉は5個以上。落葉の高木~小高木。
        × 9:小枝の髄は太い。
        ○ 9:小枝の髄は大きくない。
         × 10:葉には托葉と小托葉があり,…
         ○ 10:葉には托葉も小托葉もなく,…
          × 11:小葉は通常5個で通常欠刻があり… 
              ---------------------- (カエデ属の一部)
          ○ 11:小葉は5個以上で欠刻はなく,…
              ------------------------------ トネリコ属



   【追記】  2018.6.20
その後アオダモ類を意識しながら歩いていたら,似たものが次々出て来た。
そしてこれは,今まで自分が「ヤマトアオダモの一型(幼木)として認識していたもの」だと気付いた。
今回は,薄暗い林内のやや大きめの木であったために,その事が思い浮かばなかったようだ。

ヤマトアオダモの変異(生態)について,今回以下の記載を確認できた!やっと確信が持てたと言える。

「・・・小葉の円いものがあり,県内にもみられる・・・。若木では小葉の形は円くなり別種に見えることがあり・・・」   (神奈川県植物誌2001 長谷川義人,2001)
「・・・葉の形状は変異がいちじるしい。幼木では小葉の数が多い。冬芽は大きくて黄褐色の縮毛が多い。」    (落葉樹の葉 田中敬幾,2008)

しかし, “検索表” に正直に従えば必然的にトネリコと同定されてしまう(葉形のみを使って分けているので)。今回自分が間違えたように。まさに,図鑑類の不備だ!

トネリコ属で重要な手掛かりの一つとされる “冬芽” ,2種の区分で冬芽に言及している検索表が一つだけあった! (『Flora of Japan T. Yamazaki, 1993』)
上記検索表に以下を付け加えて補完したい。自分なりの表現で直訳ではないが・・・。

  ・  ヤマトアオダモ :  冬芽の芽鱗には黄褐色の縮毛が密生。
  ・
  トネリコ :     冬芽の芽鱗は微毛または無毛。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

T.Tango

Author:T.Tango
 丹後 亜興 (隠岐郡海士町)
   tttt@tx.miracle.ne.jp
 
 フィールドは隠岐に限られますが植物歴40数年。ブログの目的は「植物を調べている隠岐の人」への情報提供です。しかし外部の方の参考にもなるよう,汎用性のある記述を心がけます。
 地元密着型の軽めの記事(日記)も,「隠岐版」と断って混ぜることにします。
 質問や地元の植物ニュースは歓迎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Access Counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR